English Portugues Japanese

2009年12月15日

ドゥマウジャパンカップ2009:マスター黒アブソ決勝・林vsカリオカ

ドゥマウ恒例の年末大会、今年も多くの参加者が集まり日系ブラジリアン、日本人選手、そして外国人選手も出場しており大盛況でした。

またこの大会のアブソルート級には賞金が賭けられており、その賞金目当てにある大物選手がマスター黒帯に出場しました。

それがクリスチアーノ・カリオカで、ブラジルのカリオカ柔術の総帥です。

カリオカ柔術からはムンジアル準優勝のイヴァニエル・オリヴェイラやKID山本の柔術コーチとして知られるベッチーニョ・ヴィタウらを輩出しています。

カリオカはそのベッチーニョの年末の試合のセコンドを務めるために来日しました。

その際にこの賞金トーナメントがあるということを聞きつけて出場した、とのことです。

1回戦ではAXISのベテラン、北原暢彦選手にパスガ−ドのポイントで勝利、決勝戦に進出しました。




マスター黒アブソ決勝戦
林 俊介(GRABAKA柔術クラブ)
vs
クリスチアーノ・カリオカ(カリオカJJ/KRAZY BEE)
1回戦は不戦勝で決勝戦進出の林選手とカリオカの対戦。




林選手の立ち技を警戒したカリオカが引き込みました。




林選手がトップ、カリオカはスパイダーガード。




猯咼僖広瓩噺討个譴襯ロスガードから腰を抱えて片足を潰しながらまたいでいく得意のパスを仕掛ける林選手。




それを顔を押してディフェンスするカリオカ。




林選手が押し返して体重が乗った瞬間に足を跳ね上げてスイープ!




林選手が宙に舞う!




スイープが決まり2ポイント奪取!



デカい体ながら華麗なスイープ、さすがマナウスの黒帯です!




2−0でカリオカ勝利で優勝!
ですがこのカリオカ、試合だというのに肝心な黒帯を忘れてきて、カラー帯を巻いての試合出場というのがなんともしょっぱい!




マスター黒アブソ表彰台
優勝  クリスチアーノ・カリオカ(カリオカJJ/KRAZY BEE)
準優勝 林 俊介(GRABAKA柔術クラブ)
3位  北原 暢彦(AXIS柔術アカデミー)




カリオカ、こんなサイババみたいなルックスのくせに意外とテクニシャンでした!
現金を手に歯列矯正でのナイススマイルは危険な香り!
NYあたりのギャング的なイキフンがビンビンですよ!




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔