English Portugues Japanese

2010年01月02日

非難集中の猩咼櫂畛件


さて今日はいま格闘議界はこの話題でもちきりな猩咼櫂畛件(?)について書きたいと思います。

この腕ポキ、腕を折ったことと同時に試合後の中指立て&挑発行為をやったことで非難が集中しています。

そりゃそうでしょう、あれを見て「よくやった青木!」とはならないでしょうからね。

試合後に相手を労わるような態度を取ってればこんなに非難されることもなかったはず。

「タップしなかったから折るしかなかった、すまなかった。でもキミのガッツには感服した!」みたいなシーンでもあれば、グッドエンディングになってたかもしれません。

仮に腕を折ってなくても勝った後に挑発行為をしてたら同じことになってたはずで、この腕を折ったことと試合後の行為を同列に「悪である」と憤慨するのはいかがなものでしょうか。

「悪」なのは腕折りではなく挑発行為であるはず。

自分の意見としては腕を折られたのはタップしなかった方の自己責任で、タオルを投げるタイミングを見誤ったセコンドも同じこと。

選手は意地でもタップしないのであれば腕を折られる前にセコンドが試合を止める、という選択もあったでしょう。

あの負傷で下手したら選手生命が絶たれるかもしれませんし、そうでなくても復帰までに相当な時間がかかるのは明白です。

それでもタップしなかった廣田選手、そしてその意思を尊重したセコンド陣。

どの判断が正しかったのかは自分にはわかりません。

またあの状態でタップしないんだから行きつく先は折るか別の技に移行するかという選択肢しかなかったわけで、その結果として折ってしまった、と。

ただ試合後の青木選手は「最初から折るつもりだった」とコメントしてたので、本当にその通りに実行したのか!とびっくりしましたが。

かつて柔術でも腕を折られながらも試合を続行した選手がいます。

2004年のムンジアル・黒アブソ決勝戦でのホジャー・グレイシーvsホナウド・ソウザ爛献礇レ瓩琉貔錙

ジャカレはホジャーのガードからの腕十字で腕を破壊されてしまいます。

ですが腕十字から腕を抜くとそのまま片腕で試合を続け、残り試合時間を反則すれすれで逃げ回ってポイント判定勝利しました。

この試合の直後、病院に行き表彰式には腕を吊って現れたジャカレは笑顔で金メダルを受け取って満足げではありましたが、負けたホジャーは「ドクターは腕の状態をチェックして試合を止めるべきだった」とコメント。

両者の間に禍根を残す結果になりました。

ちなみにこの翌年のムンジアルでも黒アブソ決勝戦で再び対戦したホジャーとジャカレはリヴェンジに燃えるホジャーをジャカレが返り討ちにして連勝を果たしています。

このように腕を折られた状態で勝利した例もありますが、これは見込み一本がない柔術の試合でもあり例外ですね。

ただ「片腕を折られたらもう一方の腕で戦う。両腕が折られたら足だけで戦う。それがグレイシーだ!」との言葉もあります。

まあこれはそれぐらいの覚悟で戦う、という決意みたいなもんで現実的ではないのは承知していますが、それでも当時はこのコメントを聞いて大いにグレイシー幻想を膨らませたもんでした。

話がそれてよくわからなくなってしまいましたが、最後まで自らの意思でタップしなかった廣田選手のハートの強さも凄かった!と驚嘆したことを告白すると共に強引に締めさせてもらいます。

まとまりのない文章でスイマセン。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by (^^)   2010年01月02日 08:58
長文ですが、結局最後までなんの結論も意見も書いてないので、このブログは掲載しないほうがよかったのではないかと思うんです。掲載した意味がなにもないと言いますか。この時期にこのブログでこの話題について書くならば、やっぱり最低でも「自分はこう思う」とブログをやってる人の自分なりの意見をはっきり書くべきだと思いました。せっかくブログにわざわざこの話題についての記事を載せたのに、自分なりの意見をはっきり書かずに、こういうことがあったよと事実の報告だけで終わってしまっているのは八方美人的な気がして自分は残念に思います。厳しいこと書きましたが自分はいつもこのブログの更新を楽しみにしています。特にムンジアウの速報なんかワクワクしながら読んでいます。いつも更新ありがとうございます。頑張って下さい今年もよろしくお願いいたします。
2. Posted by Kinya   2010年01月02日 14:38
自分が言いたいのは腕を折ったことと試合後の挑発行為が同列の悪として語られるのを疑問に感じてて、挑発行為は間違いなく注意されてしかるべきなのですが、腕を折ったことは格闘技的には悪いことではない、ということですね。
3. Posted by Ginya   2010年01月02日 15:44
あけましておめでとうございます。

ルールを詳しく知らないのですが、関節技がきまり危険と判断してのレフリーストップがあるのならば、レフリーはもっとはやくとめるべきでしょう。

また、選手・格闘家としてはあそこまでやる必要はないかと、あんなのは単なる暴力でしょ。

暴力をコントロールできるのが格闘技、武道だと思うんですよ。

胸を張って「折るつもりで折った」って…チンピラですか?
もう一度、白帯からやり直して欲しいものです。

4. Posted by ファブ   2010年01月02日 18:42
自分は会場で見てたんですけど、試合終わってるのに負けた廣田選手に中指を立てて、ザマアみろ!と言わんばかりのあの行為はさすがにひきましたね…さらに観客に向けても中指おっ立てて挑発…セコンドに制止されて…どこかのガキか幼児と変わらないと思いました。

まあ青木真也自身も人間白帯って言ってるくらいだからか?もっと品格を学んでほしい。
5. Posted by 柔術LOVE   2010年01月02日 21:34
あけましておめでとうございます。

この件ですが、彼の人間性がよく現れていますね。

彼が「日本柔術の父」といわれる中井祐樹の弟子だと言うことになっているのが悲しいです。

周りにいる人間も北岡とか公武道社長とか、まともな社会人経験が無い人ばかりだから人間としての成長が見られないのでしょうか?
6. Posted by 柔術   2010年01月02日 21:57
腕が折れたというより肩が脱臼したのではないでしょうか?

試合中の出来事はさておき、後の行為はかなり疑問です。プロのパフォーマンスの域を超えていると思いますね、
関係者の方が「やめろ」と強い口調でたしなめていたのが唯一救いです、その人が中井先生であってほしいと思ったのは私だけではないでしょう。
7. Posted by ぬ   2010年01月03日 15:26
何か長文だからか、ロクに読まずにコメントしてる人居ますね…。

しかも自分の価値観押し付けで、この件については自分の意見は全く書いていない、と。

コメント返す方も大変なんですから少しは空気を読みましょうね。
8. Posted by いまDynamite!観ましたが…   2010年01月04日 02:46
数年前から、試合当日の「試合内容」「試合後の態度」「コメント」すべて当人の本当の人格ではないと思っています。
「ああ、またやっちゃってるな」くらいの程度にしか感じません。
青木廣田戦で感じたのは、腕が変な方に曲がっちゃって、うわーこれお茶の間に流れたのか〜ってことぐらいです。

格闘家の人間性なんてまともなの皆無でしょ。
ほんとに「片手で足り」ますよね。
その認識なしにヤイヤイ言われてもねぇ。
9. Posted by オホーツク   2010年01月04日 12:16
同じ挑発行為を完全アウェイの場でやってもらいたい。
例えば、UFCとかでw
10. Posted by 賑わってますね   2010年01月04日 17:08
>9
国内が一番アンチかも。
海外での認知度注目度はかなりのものみたいだし、
あれくらいのパフォーマンスは見慣れてるから
ブーイング程度の扱いしかされないのでは?
11. Posted by マン   2010年01月05日 06:58
青木選手にはこの言葉を送りたい。

「戦勝以喪礼処之」

心をもっと鍛えて欲しいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔