English Portugues Japanese

2010年02月01日

DEEP X 05:オープニング&フューチャーファイト出場の選手紹介

今日はオープニング&フューチャーファイトに出場する選手のインタビュー&コメントを紹介します!


まずは爛后璽僉執盥酸賢畩硝棔/鮗選手のインタビューです!


松本 崇寿(フリー)

──試合に向けての意気込みから聞かせて下さい。

このような機会を頂けて大変光栄に思っています。
自分よりもっと良い選手がいると思うのですが・・・
やれるだけ頑張ります。


──なぜフリーになったのですか?

パラエストラ川越には大変お世話になったのですが、自分の方向性と道場の方針にズレが生じたので道場を離れようと決意しました。
道場の仲間と離れるのは非常に辛かったのですが・・・。


──今の練習状況はどんな感じでしょうか?

いろいろな場所で練習させてもらっています。
柔術、総合、グラップリングと幅広く練習しています。
今のままだと限界があると思うので、いずれどこかの道場もしくはジムにお世話になるつもりです。
また自分が尊敬する松本義彦選手(チーム松本)にアドバイスを受けています。
ですので今の所属はチーム松本になるのでしょうか(笑)


──将来は総合に進出とのことですが?

昔から総合格闘技が好きで柔術を始めたので、総合格闘技に憧れを感じていました。
これからは総合の方にも出て行けたらと考えています。
もちろん柔術も続けていくつもりです。
あくまでも終点はムンジアルの頂点なので。


──リアルキングトーナメントでの山田選手と試合を振り返ってどうでしたか?僅差のレフェリー判定負けでした。

山田選手は有名な選手なので、まず試合が成り立つか不安でした。
試合が始まるとそんな不安は消えて自分のプラン通りに戦えたと思います。
判定で負けてしまったのですが、次に繋がる良い経験になりました。


──今回のグラップリングマッチではどのような試合をしたいですか?

今回はプロの興行ですので、お客さんを楽しませるような試合をしたいです。
判定は無いとのことですので、一本を狙っていきます。
また同じ世代のホベルト・ソウザ選手と試合を組んでもらえるように関係者の方々に自分を印象付けたいです!



この松本選手はリアルキングトーナメントで優勝した山田選手とノーポイントの末にレフェリー判定で敗れましたが、グラップリングの強豪として名高い山田選手相手に互角に戦ったので、負けてもなお評価が上がったのではないでしょうか。

今大会には主催者推薦で出場が決定、本戦ではないですが松本選手の試合には注目して欲しいと思います。

次はその松本選手と戦う堀内選手です。

堀内選手はブラジル修行の経験もある選手で、ホームレスちっくなウス汚い風貌ですが確かな実力を備えたテクニシャンです。

ややお寒いコメントを送ってきてくれました!

緊張感がないんですが大丈夫でしょうか?!



堀内 信人(PUREBREDアリーナ)

「どうも、PUREBREDのオダギリジョーこと堀内です。違うか−。タイでの特訓の成果をいかして、上も下も前も後もそつなくこなして一本狙っていきます!」


最後はパラエストラ吉祥寺から出場の須崎選手です。

このブログの人気コラムニスト、高谷さんの推薦で出場が決まった須崎選手はジオングというニックネームで呼ばれてるようです。

なんでジオングなのかは謎です。



須崎爛献ング畊文(パラエストラ吉祥寺)

「今は明治大学の五回生、就職も決まらずでとにかく卒業試験を頑張っていたので練習不足ですが、頑張って動きのある面白い試合をします!」


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔