English Portugues Japanese

2010年02月02日

DEEP X 05:八隅孝平vsバレット・ヨシダ

強力なテイクダウン力が持ち味の国内トップクラスのグラップラー、八隅孝平選手。

八隅選手も中村K太郎選手と同様にADCC本戦に出場しました。

そこでが1回戦敗退に終わるも、DEEP X本戦出場を目指して出場したリアルキングトーナメントでは並み居る強豪選手を相手に1ポイントも許さずに完勝して優勝を果たし、国内トップ選手の存在感をまざまざと見せ付けました。

今大会ではグラップリングのベテラン、バレット・ヨシダが相手です。



バレット・ヨシダ(SD Undisputed)

バレットはガードワークに定評があり、ガードからの三角絞めを必殺技にしており、そのガードを攻略するのは容易ではありません。

また最近は新たな必殺技爛ドワキチョーク瓩盒郢箸掘一本勝利の山を築いています。

そんなバレットは90年代から活躍するグラップリング界の大ベテランで日本で発売したグラップリングの教則本はベストセラーになり、その発行部数は1万部に届こうかという驚異的なもの。

ADCCにもレギュラー参戦し、優勝こそないものの入賞歴は多数、最近はギの試合にも出て、そこでも実績を残しています。

特筆すべきは2009年のノーギ・ワールズ優勝でしょう。

ADCCスペイン大会で1回戦敗退に終わったバレットが雪辱を期して参戦したこの大会で見事に優勝を果たし、いまだ世界のトップの一角に食い込んでいることを証明しました。

★ノーギワールズ2009はコチラから!

そのバレットと八隅選手の日米トップグラッラー対決はどちらが勝つか予想がつかない、実力は対決です!




八隅 孝平選手(ロータスパラエストラ世田谷)

──DEEP X、対戦相手がバレット・ヨシダに決まりました。

八隅:ものすごく強い選手なんでちょっとワクワクしてますね。

──バレットの印象はどうでしょうか?

八隅:こないだ1度、練習したんですがそのときは特に何かをやられたというのはなかったんですが、やっぱりカドワキスペシャルが強烈だったのと、足がすごい利くな、という印象があります。

──上攻めの八隅、ガードのバレットですが、どういう試合展開になると思いますか?

八隅:本当にその通りの勝負になると思うので、僕も諦めないで自分からどんどん攻めていって相手と削り合いをしたいと思います。

──どんな試合をしたいでしょうか?

八隅:とりあえず柔術的な動きも見せつつ、総合的な上から抑えて一本を取るのもやりつつ、しっかりとディフェンスもして自分の持ってるものを全部出していきたいと思います。

──リアルキングでは全3試合を完勝も一本勝利が1つもありませんでした。

八隅:あのときは減量にちょっと失敗してしまったんでそこの面でちゃんとできればしっかり攻めれると思います。今回は一本で極めます!

──では最後にメッセージをお願いします。

八隅:バレット選手は非常に強いんですけど、全局面勝負で撃破したいと思います。



八隅選手のインタビュー動画です。

ケイタイの方はコチラから!





<バレット・ヨシダ>

★パン2009はコチラから!

★ZST.22:グラップリングタッグマッチはコチラから!

★バレット・ヨシダ・セミナーはコチラから!

★DEEP-X02 バレットvsアマゾンはコチラから!

★バレット・ヨシダ著書『サブミッショングラップリングDVD付』はコチラコチラから!


<八隅孝平>

★DEEP X リアルキングトーナメントはコチラから!

★ADCC・アジア予選はコチラから!





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔