English Portugues Japanese

2010年02月04日

DEEP X 05:外国人選手、来日!


2月6日(土)に新宿FACEで開催されるプログラップリングイベント「DEEP X 05」に出場する外国人選手が3人揃って来日しました。

まずは大会メインイベントに出場するポール・シュライナー。

リリースではシュレイナーとの表記ですが本人に確認するとシュライナーだ、ということです。

ポールとライアンはこの来日前には合同練習をして試合に備えてきており、体調もよさそう。

すでに昨年、来日済のポールは勝手知ったる様子で落ち着いた雰囲気での再来日でした。



ポール・シュライナー(クラウディオ・フランカ)
「また日本で試合することができてうれしいね。

K太郎はアブダビで活躍した選手でテイクダウン、パス、バックチョークは素晴らしい。

でもいくつか秘策があるからそれを駆使して戦いたいと思います。

マルセリーニョとはアブダビの前の集中キャンプで3週間を共に過ごしました。

自分が思うにマルセリーニョは世界でベストの選手だから彼とのトレーニングの成果を見せたいね。

ADCCでのK太郎VSマルセロの試合はもちろんチェック済み。

ギロチンでやられたんだよね。

K太郎もグレートな選手だけどマルセロには敵わなかったようだ。

K太郎はマルセリーニョにリベンジする前にトレーニングパートナーの僕を倒す、と言ってって?

ハハハ、そりゃ面白い。

でもマルセリーニョのリベンジと僕との試合はまったくの別ものじゃない?

まあいいけどさ。

試合では僕の柔術スキルを存分に見せるよ。

この試合は5日前のオファーで急に決まったんだけど僕は限られた時間の中でやれることをやってきた。

とにかく自分のベストを尽くして戦うだけだ。」



続いては初来日を果たした未知の強豪、ライアン・ホール。

ライアンは来日前からポールに日本のことをいろいろ聞いてきたようで早くも興奮気味。

「まずはラーメンを食べたい!あとフィッシュマーケットにも行きたいな」と試合のことよりも東京観光が楽しみな様子。

今回はまったくの減量なしのナチュラルウエイトなので逆に体調もいい、とのことで元気いっぱいです。



ライアン・ホール(Fifty/50 Jiu-Jitsu)
「ヤマダはギロチンとクロスガードが得意な選手という印象がある。

体重差も結構あるけど問題ない。

いま体重はナチュラルで70kgってとこ。

ADCCでは66kg以下で試合したんだ。

ヤマダは80kgから落としてきてんだろ?

ヒュー!(笑)デカいな。

まあ問題ないさ。

僕にとってこれはチャレンジだ。

柔術は体重差でも力でもないことを実証してみせるよ。

いまは初めての日本でエキサイトしてるんだ。

必ずいい試合をするから見逃さないで欲しいね。

必ず一本で勝つからお楽しみに!」



最後は来日回数12回を数えるベテランのバレット・ヨシダ。

昨年の11月の来日からわずか3ヶ月後の再来日。

試合の相手はADCC日本代表の八隅選手ですが、しっかり研究してきたようです。



バレット・ヨシダ(SD Undisputed)
「ヤスミはストロングなレスラー。

前に練習したことがあって、そのときはパスされそうになったよ。

テイクダウンだけでなくいいパスガード技術を持ってるね。

スタミナもあるし強敵だ。

でもカドワキチョークを極めて勝つよ!

お客さんには日本で初めてカドワキチョークを極めるところを見せたいね。」



この3選手はみな減量もなく体調はばっちり。

ポール&ライアンは早くも来日当日から「今から練習行けるとこない?」と練習する気まんまん。

バレットも「明日から練習する!」と言い、日本滞在中も毎日練習は欠かさないという練習好きな選手たちでした。

さあDEEP Xまであと2日、大会までもうすぐです!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔