English Portugues Japanese

2010年02月21日

新人戦2009:湯浅志澄歌選手の試合

新人戦、女子アダルト白帯プルーマ級には注目の選手が出場しました。

DEEP Xやジュエルスなどプロのリングでも活躍中の湯浅麗歌子(RICACO)選手の実妹、湯浅志澄歌(しずか)選手です。



湯浅志澄歌選手(ポゴナ・クラブジム)


湯浅志澄歌選手はまだ中学3年生という若さで、柔術の試合に出場するのは今回が2度目。

ちなみに柔術デビュー戦は2009年のポゴナカップで腕十字による一本勝ちでした。

バックボーンは柔道、レスリングという湯浅志澄歌選手は今春から柔道の強豪高校に進学が決まっているそうです。

今回が公式戦デビュー、果たしてどのような実力を秘めているのか注目です!




女子アダルト白帯プルーマ級(ワンマッチ決勝)
湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
VS
梅津ゆき(トライフォース柔術アカデミー)
まず、湯浅選手がテイクダウンで2ポイント先制。




そのまま一旦押さえ込み、




ここから姉のRICACO選手が得意とする腕十字を極めにかかります。




ですが梅津選手はこれをうまく逃れます。




下になってしまいましたが、すぐさまスイープでさらに2ポイントで4-0とリード。




そのままハーフガードの状態から




やや強引にアームロックを極めて一本勝利。




女子アダルト白帯プルーマ級を制しました!




女子アダルト白帯プルーマ級 優勝
湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)




左が姉・RICACOこと麗歌子、右が志澄歌の湯浅姉妹。
湯浅志澄歌選手・試合後のコメント
「柔術の試合は2試合目だったんですけど楽しかったです。また柔術の試合に出ることがあったら次はお姉ちゃん譲りの腕十字で勝ちたいと思います。」



photo and text by Takashi Umezawa


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔