English Portugues Japanese

2010年04月09日

パン選手権2010:柿澤剛之選手インタビュー


柿澤 剛之選手(PUREBRED大宮・アダルト黒レーヴィに出場)

──パンナムに出場しようと思ったきっかけは?

「もともとヨーロピアン選手権に出場しようと考えていたのですが、どうしても都合がつかず、出場が叶いませんでした。

そこで、その予定をそのままスライドする形で、パンナム出場を決意しました。」


──ムンジアルに向けた前哨戦的な意味合いで出場するのでしょうか?

「いいえ、そんなことはなく、あくまでタイトルを狙いに、優勝するために出場します。」

──一回戦を勝利すれば2008年ムンジアル黒帯メジオ級準優勝のビル・クーパー戦ですね。何か立てている作戦はありますか?

「トーナメント表は先ほど確認したばかりなので、これといった作戦は立てていません。

ただ、誰が相手でも自分の柔術をすることが大事だと思います。

ビル・クーパーに勝っても、去年ムンジアルでJTを破って茶レーヴィを優勝した選手など、強豪がひしめき合っているので、どの試合も油断できません。

勝ち進んでJTにも東京国際での借りを返したいです。」


──体重や体調はどうでしょうか?

「体重はあと2kgぐらいですが、想定の範囲内なので問題なくパスできると思います。

体調ですが、ちょっと時差ボケと飛行機酔いがありますが、試合は日曜日なので問題ないです。優勝できるよう頑張ります。」










トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔