English Portugues Japanese

2010年04月30日

パン選手権2010:アダルト黒プルーマ決勝戦・エスキジートvsカイオ

エスキジート選手は前日の黒アブソで2008年ムンジアル黒帯メジオ級準優勝のビル・クーパーを破るという今大会のベストバウト的な仕事をやってのけており、波に乗っています。

ブラジレイロ優勝以来のビッグタイトル奪取がかかるビッグチャンスです。



エスキジートvsビル・クーパー。
エスキジートはこの状態で10分間固めて動かず!
スイープのアドバンテージ1の僅差で判定勝利!



対するカイオ選手もハファエル・フレイタス"バラタ"(グレイシーバッハ)などを一本で降して危なげなく決勝まであがってきています。

去年は松本義彦選手に絞めで一本負けを喫し、パン選手権のタイトルを得るには至りませんでしたが2008年ムンジアル黒帯ガロ級優勝、2009年同級準優勝の実力を発揮すれば勝利のチャンスもあるでしょう。

ちなみにカイオ選手がマットに入ると若干のブーイング。

アメリカではあまり好かれていないのでしょうか?




アダルトプルーマ級決勝戦
カーロス・オランダ"エスキジート"(チェックマットBJJ)
VS
カイオ・テハ(グレイシーファイター)
まずは両者引き込み合いで試合スタート。




エスキジートが引き込み合いを制し下を取ることに成功。




そこからスイープ!
エスキジートが2ポイント先制です。




ですがカイオもお返しのスイープ!
2ポイントを取り返し2-2の同点に。




スイープ合戦はまだ終わりません!
今度はエスキジートがもう一度スイープ!




4-2でエスキジートがリード。




さらにエスキジートはバックを狙いつつ絞めや腕十字を狙っていきます。
カイオは終盤思ったように動けないままタイムアップ。




勝利を確信したエスキジート、マットをぐるぐる回り喜びをあらわにします。




そして最後はレフリーがエスキジートの左手を上げ優勝を決めました!




プルーマ
優勝  カーロス・オランダ爛┘好ジート瓠淵船Д奪マット)
準優勝 カイオ・テハ(グレイシーファイター)
3位  パブロ・シウバ(バッハ)、ハファエル・フレイタス(バッハ)



text and photo by Takashi Umezawa(Gold medalist of Pan championship Novice tournament)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔