English Portugues Japanese

2010年05月23日

全日本選手権2010:アダルト黒帯メジオ級&メイオペサード級決勝戦

今回は全日本選手権黒帯決勝2試合の模様をお届けします!

まずはアダルト黒帯メジオ級から。

エントリーは2名のみでワンマッチ決勝となりました。




アダルト黒帯メジオ級決勝戦
中山徹(トライフォース柔術アカデミー)
VS
光岡祥之(藤田柔術平田道場)




試合は中山選手がバックをとり、序盤の展開を支配します。




光岡選手もエスケープした後に下からスイープを試みます。




しかし中山選手にマウントを取られしまいピンチ!




そのまま中山選手がマウントからの腕十字を極めて試合終了。




中山選手がアダルト黒帯メジオ級を制しました!




この勢いでムンジアルでもひと暴れしてくれることを期待です!


つづいてはアダルト黒帯メイオペサード級決勝戦です。

こちらもエントリーは2名のみでワンマッチ決勝でした。




アダルト黒帯メイオペサード級決勝戦
上村彰(パラエストラ東京)
VS
マリオ・マルシオ片山(KBT TIGERS JIU-JITSU)
ちなみに上村選手は昨年の東京国際オープンで総合格闘家の桜井マッハ速人選手を破っています!




試合展開は下から攻める上村選手に対し、上からマルシオ選手がパスガードを狙う展開が大半を占めました。




途中スイープしかかるなど試合を優位に進めた上村選手がレフリー判定で勝利!




上村選手がアダルト黒帯メイオペサード級を制しました!



text and photo by Takashi Umezawa(Gold medalist of Pan championship Novice tournament)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔