English Portugues Japanese

2010年06月09日

ムンジアル2010:黒帯ペナ級・佐々vsコブリンヤ

昨年の雪辱を晴らすべく、そして頂点を極めるために今年もムンジアル参戦した佐々選手。

一回戦の相手は2008年のアメリカ選手権シニア1黒帯ペナ級で優勝の実績があるジェレミーでした。

この試合に勝てばコブリンヤへの雪辱戦に進出です。



黒帯ペナ級一回戦
佐々幸範(パラエストラ東京)
VS 
ジェレミー・ギーガ(グレイシーバッハ・アメリカ)
開始早々佐々選手が引き込みます。




そのまま相手の背後へ回り、




そして一気に送り襟絞め!
ジェレミーはたまらずタップ。




試合時間ジャスト1:00!




佐々選手が一本勝ちで二回戦進出です!




黒帯ペナ級二回戦
佐々幸範(パラエストラ東京)
VS 
フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘




昨年は試合時間にして5分、送り襟絞めでコブリンヤに敗れている佐々選手。
前回は完敗でしたが、日本最強のペナ級選手の呼び声高い佐々選手のこと、今回はきっちり修正してきていることでしょう。




試合はコブリンヤが引き込む形でスタート。
佐々選手は引き込みにあわせてクロスニーパスを仕掛けます。




ですがコブリンヤが佐々選手の右足を抱え、左足を蹴ってスイープ!
2ポイントを先制します。




そのままパスガードに成功したコブリンヤが3分経過したところで5−0とリード。




そして昨年と同じようにバックを取り、9−0に。




さらに攻撃の手を緩めることなく送り襟絞めを狙います。




かなり深く極まっているように見えましたがなんとか脱出!




試合終盤、さらにスイープ、パス、バックを許しコブリンヤが18−0にしたところで試合終了。




またも佐々選手がコブリンヤの前に二回戦で姿を消しました。日本最強ペナ級選手でも歯が立たないコブリンヤ、一体どれだけ強いのでしょうか?!








text and photo by Takashi Umezawa


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 読者   2010年06月10日 23:10
佐々ァって…(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔