English Portugues Japanese

2010年08月21日

BJJFJ主催「マスター&シニア」茶帯の試合結果

今回は先日行われた全日本マスター&シニア、関東オープンの茶帯の結果をお伝えします!



マスター茶帯ガロ級は、阿部ミケール選手(トライフォース柔術アカデミー)が岡村和佳選手(パラエストラ東京)をポイント2−0で降し優勝。



<マスター茶帯ガロ級>
優勝  阿部ミケール(トライフォース柔術アカデミー)



マスター茶帯プルーマ級は初戦で高倉祐二選手(アカデミアアーザ)を降し、決勝進出。
決勝は同門の富田仁之選手だったため、試合は行われず奥泉選手が優勝。




<マスター茶帯プルーマ級>
優勝  奥泉直也(PUREBRED大宮)
準優勝 富田仁之(PUREBRED大宮)




変則三つ巴戦となったマスター茶帯ペナ級を制したのは工藤修久選手(アンプラグド国分寺)。
決勝戦で田中昭弘選手(グラップルレボリューション)に三角絞めから三角マウントへ移行し、そのまま腕を極めての優勝です。




<マスター茶帯ペナ級>
優勝  工藤修久(アンプラグド国分寺)
準優勝 田中昭弘(グラップルレボリューション)




マスター茶帯レーヴィ級も変則三つ巴戦となりました。
鈴木広隆選手(ポゴナ・クラブジム)が一回戦レフリー判定、決勝戦ポイント3−0で、ともに塚本隆康選手(パラエストラ東京)を降しての優勝です。




<マスター茶帯レーヴィ級>
優勝  鈴木広隆(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 塚本隆康(パラエストラ東京)




マスター茶帯アブソルート級は、レーヴィ級を制した鈴木広隆選手(ポゴナ・クラブジム)が、決勝戦で工藤修久選手(アンプラグド国分寺)の外掛けにより、反則勝ちで優勝!




<マスター茶帯アブソルート級>
優勝  鈴木広隆(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 工藤修久(アンプラグド国分寺) 
3位  早川信彦(パラエストラ東京)、岡村和佳(パラエストラ東京)




シニア1茶帯ガロ級は決勝戦をポイント6−0で伊藤正純選手(パラエストラ川崎)が服部洋介選手(パラエストラ新潟)に勝利し優勝!




<シニア1茶帯ガロ級>
優勝  伊藤正純(パラエストラ川崎)
準優勝 服部洋介(パラエストラ新潟)  




シニア1茶帯プルーマ級は初戦を秒殺勝利して決勝進出した三上敏也選手(チーム波紋会)がその勢いのままに鈴木裕之選手(PUREBRED大宮)にポイント6−0で勝利し優勝しました。




<シニア1茶帯プルーマ級>
優勝  三上敏也(チーム波紋会)
準優勝 鈴木裕之(PUREBRED大宮)




シニア1茶帯ペナ級は朝倉孝二選手(パラエストラ池袋)が初戦、決勝戦共に全く危ないところもなく勝利し、同カテゴリーを去年に続き連覇!




<シニア1茶帯ペナ級>
優勝  朝倉孝二(パラエストラ池袋)
準優勝 佐野英司(PURBRED京都)




シニア1茶帯レーヴィ級は稲野岳選手(バルボーザ)が西村暁選手(INFIGHT JAPAN)に一本勝ちで優勝!




<シニア1茶帯レーヴィ級>
優勝  稲野岳(バルボーザ)
準優勝 西村暁(INFIGHT JAPAN)




シニア1茶帯アブソルート級はメジオ級の森雄大選手(パラエストラ吉祥寺)が決勝戦を含む三試合を勝ち抜き優勝!




決勝は激戦の末、レフリー判定勝利!




<シニア1茶帯アブソルート級>
優勝  森雄大(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 稲野岳(Team Barbosa Japan)




関東オープンのアダルト茶帯ペナ級、アブソルート級では加古拓渡選手(グラップリングシュートボクサーズ)が西林浩平選手(GRABAKA柔術クラブ)を二試合とも撃破し優勝!




<アダルト茶帯ペナ級、アブソルート級>
優勝  加古拓渡(グラップリングシュートボクサーズ)



photo and text by Takashi Umezawa


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔