English Portugues Japanese

2011年02月23日

「DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2011」アダルト黒帯ペナ級 メイオレーヴィ級

前回のメイオペサード級に引き続き本日は「アダルト黒帯ペナ級 メイオレーヴィ級」の試合模様をお届けします!

中村選手と塚田選手は過去に対戦経験があり、二度の対戦とも中村選手が勝利しています。

その後、中村選手は黒帯に昇格、プロ柔術やムンジアルに参戦し活躍しているのは皆さんの知るところでしょう。

塚田選手は茶帯最後の大会としてヨーロピアン選手権に照準を絞り見事準優勝。

満を持しての黒帯昇格となりました。

三度目の戦いはどちらに軍配が上がるでしょうか?


No title
<アダルト黒帯ペナ級 メイオレーヴィ級 (-73kg 着物込み)決勝>
中村大輔(GRABAKA柔術クラブ)
VS
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)





No title
ますはテイクダウン気味のアタックで塚田選手がアドバンテージを先制!



No title
中村選手は下から煽ってスイープを仕掛けます。



No title
これが決まり中村選手に2ポイント!



No title
その後は中村選手が得意とするクロスニーパスを仕掛けます。



No title
塚田選手はパスガードの猛攻を凌ぐと一旦スタンドへ。



No title
再び中村選手がパスガードを仕掛けますが、塚田選手はポイントまでは与えません。



No title
カウンターで塚田選手がスイープを試みるも不発。



No title
再びスタンドに戻ります。



No title
テイクダウンで中村選手が2ポイント追加!
ポイント4-0で中村選手リード!



No title
試合終盤、塚田選手もテイクダウン(スイープ?)で2ポイントを取り返します。



No title
逆転狙いで塚田選手がパスガードを仕掛けたところで試合終了!



No title
中村選手がポイント4-2で勝利、アダルト黒帯ペナ級 メイオレーヴィ級を制しました!
かなり白熱した展開で見ごたえ充分の濃い内容になったこの対戦。
4度目の対戦を期待しましょう!



No title
<アダルト黒帯ペナ級 メイオレーヴィ級 (-73kg 着物込み)>
優勝  中村大輔(GRABAKA柔術クラブ)
準優勝 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



引き続き茶帯、紫帯の試合模様もレポートします!



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔