English Portugues Japanese

2011年02月26日

「DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2011」マスター茶帯の試合

マスター茶帯は2階級が行われました。
「ペナ級 メイオレーヴィ級」と「メジオ級」の2階級です。

両階級ともに3名がエントリー。三つ巴戦になりました。

まずはペナ級 メイオレーヴィ級の模様から!


No title
<マスター茶帯ペナ級 メイオレーヴィ級 (-73kg 着物込み)>
一回戦
能登谷佳樹(パラエストラ草加)
VS
大日向玲紀(バルボーザジャパン東京)

大日向選手がスパイダーガードなどを駆使し、能登谷選手の動きを封じます。



No title
大日向選手が判定で決勝進出!



No title
一回戦
能登谷佳樹(パラエストラ草加)
VS
フラービオ・タナカ(ノヴァウニオンジャパン)

フラービオがスイープで2ポイント先制!



No title
しかし能登谷選手もお返しでスイープ!



No title
結果はポイント2-2アドバンテージ1-0で能登谷選手が勝利!決勝戦で再び大日向選手と対戦です。



No title
決勝戦
能登谷佳樹(パラエストラ草加)
VS
大日向玲紀(バルボーザジャパン東京)

一回戦のリベンジを狙う能登谷選手は開始直後にバックを奪うと送り襟絞め!



No title
能登谷選手がリベンジ&一本勝ちで優勝を果たしました!



続いてはメジオ級。

No title
<マスター茶帯メジオ級(-83kg 着物込み) >
一回戦
福井正芳(ポゴナクラブジム)
VS
アレッサンドロ・ナガイシ(AXIS埼玉)

クロスガードで下から攻める福井選手。



No title
ポイント2-0で福井選手が勝利!



No title
一回戦
坂原 慶弘(バルボーザジャパン東京)
VS
アレッサンドロ・ナガイシ(AXIS埼玉)

ポイント2-2アドバンテージ1-0で坂原選手勝利!



No title
決勝戦
福井正芳(ポゴナクラブジム)
VS
坂原 慶弘(バルボーザジャパン東京)



No title
福井選手が判定で勝利!優勝!



No title
<マスター茶帯ペナ級 メイオレーヴィ級 (-73kg 着物込み)>
優勝  能登谷佳樹(パラエストラ草加)
準優勝 大日向玲紀(バルボーザジャパン東京)
3位  フラービオ・タナカ(ノヴァウニオンジャパン)



No title
<マスター茶帯メジオ級(-83kg 着物込み) >
優勝  福井正芳(ポゴナクラブジム)
準優勝 坂原 慶弘(バルボーザジャパン東京)
3位  アレッサンドロ・ナガイシ(AXIS埼玉)



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔