English Portugues Japanese

2011年02月27日

「DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2011」アダルト紫帯プルーマ級&メイオペサード級

アダルト紫帯の試合は4階級で行われました!
その模様を2回に分けてお届けいたします!


No title
<アダルト紫帯プルーマ級 (-64kg 着物込み) >
一回戦
浜野武士 (ポゴナクラブジム)
VS
坂本純(Tri-Force Styles Infinity)

浜野選手が三角絞めでアドバンテージを先制!



No title
坂本選手は試合終了間際パスガードのアドバンテージを得ます。アドバンテージ1-1のままタイムアップ。



No title
結果はアドバンテージ1-1のレフリー判定で浜野選手勝利!決勝進出です。



No title
一回戦
村松健二(アカデミアAz)
VS
ヨシカワ・アキラ(ポゴナクラブジム)

マウントなどを取った村松選手が試合を支配。



No title
ポイント17-0で村松選手が決勝進出!



No title
決勝
浜野武士 (ポゴナクラブジム)
VS
村松健二(アカデミアAz)

パスガードを3度きめた浜野選手が最終的にポイント13-0で勝利。優勝を果たしました。



No title
<アダルト紫帯メイオペサード級 (+ 83kg 着物込み)>
一回戦
山崎洋一(RBアカデミー)
VS
ヴァーラン・マリウス・フローリン(ACT福岡)



No title
ヴァーランがポイント10-0で勝利!決勝進出です。



No title
決勝戦
山崎洋一(RBアカデミー)
VS
ヴァーラン・マリウス・フローリン(ACT福岡)

一回戦でヴァーランに苦杯を舐めさせられた山崎選手は、三つ巴戦のため反対ブロックでホベルト・サダヨシ(INFIGHT JAPAN)と対戦予定でしたが、ホベルトが欠場のため不戦勝で決勝へ!
ポイント0-0、アドバンテージ2-1でリベンジを果たして優勝!


No title
<アダルト紫帯プルーマ級 (-64kg 着物込み) >
優勝  浜野武士 (ポゴナクラブジム)
準優勝 村松健二(アカデミアAz)
3位  坂本純(Tri-Force Styles Infinity)、ヨシカワ・アキラ(ポゴナクラブジム)



No title
<アダルト紫帯メイオペサード級 (+ 83kg 着物込み)>
優勝  山崎洋一(RBアカデミー)
準優勝 ヴァーラン・マリウス・フローリン(ACT福岡)



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔