English Portugues Japanese

2011年03月07日

「VIII COPA DUMAU DE JIU JITSU 2011」マスター黒帯レーヴィ級の試合

「VIII COPA DUMAU DE JIU JITSU 2011」のマスター黒帯レーヴィ級は3選手がエントリーしての変則巴戦でした。

ヨースキ・ストーはグレイシーバッハ愛知のメインインストラクターを務めており、中部地区ではテクニシャンとして知られた選手です。

福住慎祐選手は日本人として初めてマスター&シニアで優勝を果たした選手でサンパウロのマルコ・バルボーサの元で柔術修行を敢行してバリボーサから黒帯を与えられたベテラン。

そしてウエハタテツオ選手は谷柔術の日本人黒帯で以上の3選手で試合は行われました。



ヨースキ・ストー(グレイシーバッハ)
vs
福住慎祐(福住柔術)




スイープを決めたヨースキが2−0で勝利、決勝進出。




福住慎祐(福住柔術)
vs
ウエハタテツオ(谷柔術)




パス&マウントの7−0で福住選手が勝利。
決勝戦でヨースキと再戦へ!




決勝戦でいきなりの再戦の両者。
ですがまたもヨースキが優位に試合を進めていきます。



パス、マウントと終始ポジショニングで圧倒するヨースキ。




決勝戦は16-0という大差のポイントでヨースキが勝利、トーナメント優勝です!




マスター黒帯レーヴィ級表彰台
優勝  ヨースキ・ストー(グレイシーバッハ)
準優勝 福住慎祐(福住柔術)
3位  ウエハラ・テツオ(谷柔術)



©Bull Terrier Fight Gear

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔