English Portugues Japanese

2011年03月08日

「VIII COPA DUMAU DE JIU JITSU 2011」マスター黒帯ペナ級の試合

「VIII COPA DUMAU DE JIU JITSU 2011」のマスター黒帯ペナ級は4選手のエントリー。

日系ブラジリアンが2選手と日本人が2選手で1回戦は日系ブラジリアンvs日本人というトーナメントが組まれました。

それでは試合を紹介しましょう。



ジョアオ・カワウチ(ハイアン・グレイシーチーム)
vs
オゼキ・ノブユキ(谷柔術)




僅差の試合はジョアオがアドバンテージ1差で勝利!
ポイント0−0,アドバンテージ1−0の接戦でした。




トリイ・ヨシノブ(カーロス・トヨタBJJ)
VS
アレッシャンドレ小川(小川柔術)




ヨーロピアンでは体重オーバーで試合できなかったアレッシャンドレ。
ですが今回は素晴らしい試合できっちりと一本勝利!




1:35、腕十字で勝利して決勝進出!




ジョアオ・カワウチ(ハイアン・グレイシーチーム)
vs
アレッシャンドレ小川(小川柔術)
決勝戦は日系ブラジリアン同士の対戦に。
しかし動き少なくほぼ6分間、このままで動かず。




もちろんノーポイント、ノーアドバンテージでレフェリー判定へ。
正直、どう判定したらいいかわからない試合でしたがレフェリーはアレッシャンドレを勝利に。
非常に僅差の試合でした。




マスター黒帯ペナ級表彰台
優勝  アレッシャンドレ小川(小川柔術)
準優勝 ジョアオ・カワウチ(ハイアン・グレイシー・チーム)
3位  オゼキ・ノブユキ(谷柔術)、トリイ・ユキノブ(カーロス・トヨタBJJ)



©Bull Terrier Fight Gear

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔