English Portugues Japanese

2011年06月11日

ムンジアル2011:黒帯レーヴィ級準々決勝および準決勝

前回は大会ベストバウトといても過言ではないクロンVSレアンドロの試合をお届けしましたが、今回はレーヴィ級その他の準々決勝の模様と準決勝の模様をお届けします!




<黒帯レーヴィ級準々決勝>
マイケル・ランギ(アリアンシ)
VS
ダヴィ・ラモス(アトス)

昨年の世界チャンピオンのマイケル・ランギが思わぬ苦戦を強いられました。






序盤バックを奪われかけ、あわや大量失点のピンチ!




しかし、ピンチを脱出するとシッティングガードの体勢で一呼吸置きます。




その後今度はお返しと言わんばかりにバックを奪い返します。




そのままリードを守りきりランギが4-0の逆転勝利!

準決勝でクロン・グレイシーと対戦です!




<黒帯レーヴィ級準々決勝>
ルーカス・レプリ(アリアンシ)
VS
ギルバート・バーンズ”ドゥリーニョ”(アトス)




レプリがデラヒーバガードからスイープを狙います。




ドゥリーニョはやや強引なパスガード。




ドゥリーニョの攻撃をいなしたレプリがスイープ!




しかしドゥリーニョも負け時とスイープをやり返します。

ポイントは2-2の同点でしたがアドバンテージ4-0でリードしていたドゥリーニョ
が準決勝進出!




<黒帯レーヴィ級準々決勝>
セルソ・ヴィニシウス(グレイシーエリートチーム)
VS
ジョナサン・トレス(ロイドアーヴィン)




JTが巻きつけスパイダーを仕掛けます。




そしてホレッタ気味にスイープ!




セルシーニョは完全にスイープさせまいと起き上がろうとしますがJTが必死の形相で耐えて2ポイント先制!




残り時間が僅かのセルシーニョはスイープを狙いますがJTが耐え切ってタイムアップ!




ポイントは2-0でした。




JTが元世界王者を破って準決勝進出です!




<黒帯レーヴィ級準決勝>
クロン・グレイシー(グレイシーウマイタ)
VS
マイケル・ランギ(アリアンシ)

初対決の両者、ランギが2ポイントを先制すると、クロンはシッティングガードの体勢。




ランギはパスガードを狙っていきます。




しかしバランスを崩したランギにクロンがスイープ!




これがきまって2-2の同点に。




その後クロンは落ち着いた攻めを見せます。




試合終了!同点のためレフリー判定に。

レフリーはクロンを支持!クロンが決勝進出!




<黒帯レーヴィ級準決勝>
ギルバート・バーンズ”ドゥリーニョ”(アトス)
VS
ジョナサン・トレス(ロイドアーヴィン)




JTがガードの体勢を取ります。




ドゥリーニョは強烈なプレッシャーからパスガードを仕掛けます。




スタンドに戻ろうとしたJTに覆いかぶさるドゥリーニョ!




そのままバックを奪いました。




そのまま4-0でリードを奪ったドゥリーニョが勝利!決勝進出!

先月一本負けという苦杯を舐めさせられたクロンと対戦です!



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔