English Portugues Japanese

2012年06月14日

【柔術プリースト】ワールドプロ2012の茶黒帯決勝戦をドドン!と大公開


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

最近は日本国外からの視聴も多く、英語字幕を付けろ!とのリクエストも多々あるようですが、そんなもんはコスト的に無理!

つーことで海外市場はガン無視し、当分は字幕なしの日本語オンリーのドメスティックバージョンでいく所存であります。

とか言いつつ、今回紹介するのはワールドプロ2012の茶黒帯決勝戦!

アブダビで開催された賞金トーナメント、ワールドプロで行われた茶黒帯決勝戦の激闘の数々を惜しげもなく大公開というのだから海外でも大注目(なはず)。

それも男子だけでなく女子の決勝戦も!

女子は茶黒帯ではなく紫帯から黒帯までの混合トーナメントだったのでムンジアル2階級制覇のガヴィ・ガルシアvs紫帯という対戦もあります。

これがまたガヴィの圧勝か?!と思いきや、そうでもないのが面白いとこではあります。

またミッシェル・ニコリニvsキーラ・グレイシーの対戦ではキーラの一本負けという衝撃の結末。

グレイシーのタップというのはもはや珍しいことではなくなっていますが、自分はグレイシー直撃世代なのでやや複雑な思いがあります。

やはりグレイシーの姓を持つものは強くあって欲しい!と強く思う今日この頃です。

男子決勝ではIBJJFのオフィシャルレフェリー・カリオカ門下生というフェルナンド・ヴィレイラがマナウス出身らしい俊敏な動きを見せているのに注目!

このフェルナンジーニョ、2004年のムンジアルでかのビビアーノ・フェルナンデスに勝利している実力者で、近年は生活費を稼ぐためにMMAに専念していましたが、高額な賞金に見事に釣られて突如として柔術復帰!

それでいてサクッ!と優勝してしまうのだからさすがです。



カリオカ門下生のフェルナンド・ヴィレイラ!



ですが最大の注目は黒帯アブソ決勝で実現したアンドレ・ガウヴァオンvsホドウフォ・ヴィレイラの対戦!

ムンジアル2冠のホドウフォにかつて牴童瓩噺討个譴織ウヴァオンが挑むこの一戦はホドウフォの豪快な投げ、そしてレアなガードワークが見れるシーンもあり興味深いことでしょう。



ホドウフォの柔道スローは迫力満点!




また珍しく下になる場面もありますが意外と器用なガードワークに驚きです。



スタジオゲストには前回のゲストの居残り参戦でフルメタル柔術のジャグス&杉山しずかさんが参加!

相変わらずの行き当たりばったり感ありありでビミョーですが、それだけに実現したレアな組み合わせ、そして2度と実現は不可能であろう4人でお送りします。



左からジャグス、杉山、橋本、セラチェンのレアな4人の組み合わせ!


今回も内容充実&初公開映像満載でお送りする柔術プリースト#51、ぜひご視聴をお願いします!


★#51はコチラから!








★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】シーコ・メンデス(32)



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔