English Portugues Japanese

2012年07月16日

【コパ・ブルテリア2012】アダルト茶帯階級別

本日はコパ・ブルテリア2012のアダルト茶帯階級別の試合模様をお届けいたします!

まずはアダルト茶帯プルーマ級から。プルーマ級は8名がエントリーし熱戦が繰り広げられました!

今大会の茶帯のカテゴリーは黒帯に比べ、やや少ない人数ではありましたが、それは黒帯が狃仂賁砧銑瓩世辰燭らかもしれません。

ですが少人数ではありましたが、その中にあっても大きな存在感を示した将来有望な選手が何人もいたのは嬉しい限り。

少人数でも見ごたえは黒帯の試合と遜色なかった今大会の茶帯の試合の数々。

この事実が今後の日本の柔術シーンを活性化してくれるのは間違いないことでしょう。



<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
山田秀之(デラヒーバジャパン)
VS
水井浩二(パラエストラ品川)
スイープした山田選手がポイント2-0(A3-3)で勝利!
水井選手は試合終了間際でパスガードをきめきれなかったことが悔やまれます。






<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
根岸洋佑(ノヴァウニオンジャパン)
VS
浜野武士(ポゴナ・クラブジム)
浜野選手がパスガードなどをきめ、ポジショニングで圧倒しました。
結果、ポイント7-0で浜野選手が準決勝進出!




<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
井上祐弥(パラエストラ上越)
VS
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
6月のJJFJイースト・ジャパン柔術でも対戦済みの両者。
前回同様にポイント勝利で物河選手が準決勝進出!




<アダルト茶帯プルーマ級一回戦>
大西巧之(PUREBRED川口REDIPS)
VS
濱崎一登(ロータス世田谷)
ポイント2-0で大西選手が準決勝進出!




<アダルト茶帯プルーマ級準決勝>
山田秀之(デラヒーバジャパン)
VS
浜野武士(ポゴナ・クラブジム)
茶帯プルーマ級のベストマッチといってよい内容となったこの試合。



スイープで浜野選手が先制も直後に山田選手が腕十字で一閃!




山田選手が逆転勝ちで決勝進出!





<アダルト茶帯プルーマ級準決勝>
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
VS
大西巧之(PUREBRED川口REDIPS)
この試合は上下が入れ替わるめまぐるしい展開となりました。




ポイント4-4(A0-1)で大西選手が決勝進出!




<アダルト茶帯プルーマ級決勝>
山田秀之(デラヒーバジャパン)
VS
大西巧之(PUREBRED川口REDIPS)
迎えた決勝戦。
息詰まる攻防となりました。




スイープした山田選手がポイント2-0で優勝!




<アダルト茶帯ペナ級決勝>
大塚博明(GRABAKA柔術クラブ)
VS
近藤一行(グレイシーバッハ山梨)
ペナ級はワンマッチ決勝となりました。
序盤こそ攻めあぐねたものの、大塚選手がポジショニングで圧倒する内容となりました。




ポイント5-0で大塚選手が優勝。




<アダルト茶帯レーヴィ級一回戦>
新井亮祐(パイシャオン柔術)
VS
橋本和樹(飛翔塾)
レーヴィ級は3名がエントリー。ポイント0-0のレフリー判定で橋本選手が決勝進出!




<アダルト茶帯レーヴィ級決勝>
ジェリー・イマサ(Clube de Jiu-Jitsu)
VS
橋本和樹(飛翔塾)
序盤からアタックを仕掛けた橋本選手が試合の主導権を握りました。




肩固めで橋本選手が一本勝ち!
優勝を果たしました。

次回は紫帯などの様子もお届けいたします!



photo and text by Takashi Umezawa



【今日が誕生日の柔術家】クラウジオ・マトス爛ロキンヤ



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔