English Portugues Japanese

2012年08月13日

【ヒクソン杯2012】アダルト黒帯アブソルートの試合

アダルト黒帯アブソルートは多彩な顔ぶれが揃った豪華トーナメントになりました。

まずマイケル・ランギとDJジャクソンの招聘選手二人がエントリー。

そこにはるばるオーストラリアから出場のダニエル・チェルビン、そして日本の山内・片庭のAXISが誇る実力者が絡むという図式です。

国的にもブラジル・アメリカ・オーストラリア・日本と国際色豊か!

まさに国際大会らしいインターナショナルなトーナメントといっていいでしょう。



1回戦は山内康悦(AXIS横浜)vsダニエル・チェルビン(マロンバ・アカデミア)の対戦。
いきなりダニエルの三角絞めにハマりピンチの山内選手。






三角はなんとか脱出するもパスガードされてしまい苦しい展開は続きます。




最後はサイドからのアメリカーナでダニエルが一本勝利です。



準決勝から招聘選手のDJジャクソン(ロイドアーヴィン)がシードで登場。
ダニエルと米豪対決に挑みます。




引き込んだダニエルから2回のパスガードを成功させ6−0で勝利。




まず先に決勝戦進出を決めたのはDJでした。




反対ブロックの準決勝戦は招聘選手の元世界王者、マイケル・ランギ(アリアンシ)vs片庭克則(AXIS千葉)の注目の一戦。




引き込んだ片庭選手からあっさりとバックを奪ったランギ。




そして送り襟絞めで一本!



試合時間は1:44、ランギが決勝戦に勝ちあがりました。




決勝はDJvsランギの招聘選手同士の顔合わせ。
この日本でムンジアルで実現してもおかしくないような対戦が見れるのはなんと素晴らしいことなんでしょうか?!




引き込んだランギがスパイダーガードでコントロールしつつスイープに成功!




そして腕十字一閃!




極めのチャンスを逃さなかったランギが2試合連続の一本勝利で無差別を優勝しました!




アダルト黒帯アブソルート表彰台
優 勝 マイケル・ランギ(アリアンシ)
準優勝 DJジャクソン(ロイド・アーヴィン)
3 位 片庭克則(AXIS千葉)、ダニエル・チェルビン(マロンバ・アカデミア)



Special thanks to PRIDE BRAZIL



【今日が誕生日の柔術家】関根爛轡絅譽奪畚┝(39)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔