English Portugues Japanese

2012年09月18日

【ドゥマウ】DUMAU TOKYO TEAM CHAMPIONSHIP 2012:チーム対抗戦紫帯(-220kg)

9/16(日)、東京・中央区総合スポーツセンターで開催されたDUMAU主催『DUMAU TOKYO TEAM CHAMPIONSHIP 2012』。

本大会はここ最近の大会でも珍しいチーム3対3対抗戦で優勝を争うというもので、白、青、紫、茶/黒、体重は-220kg、+220kgというカテゴリーに分けられてトーナメント形式で行われました。

海外ではIBJJF主催のヨーロピアン選手権で国別対抗戦などは行われているものの、日本国内では2010年に『COPA REDIPS 2010』で行われた白青(-230kg)の3対3対抗戦以来ではないでしょうか。

注目は中村K太郎こと中村圭太選手が出場した紫帯(-220kg)です。

中村選手は修斗、SRCなど国内プロモーションのみならず海外での経験も豊富で過去にはUFCにも出場経験がある国内屈指のMMAファイター。

またMMAだけでなくグラップリングではADCCでも2009年にベスト4になった実績がある中村選手の柔術デビュー戦である今大会の出場は非常に注目を集めました。

本日は中村選手の試合模様を中心に紫帯(-220kg)の模様をお届けしたいと思います!


IMG_6884
紫帯(-220kg)トーナメント一回戦
ロジャー・ヴィア(TFG Unplugged Team)
VS
坂本勝康(Zurumu-K-S Team)
TFG Unplugged Teamはトライフォース五反田、青山、アンプラグド国分寺所属選手の混成チーム。
一方のZurumu-K-S Teamは和術慧舟會、頂柔術の選手で編成されています。
一番手の試合はロジャー選手と坂本選手の試合になりましたが、開始早々に坂本選手が引きこんでクロスガードの展開に持ち込みました。





IMG_6887
坂本選手がガードからの三角絞めなどでの攻め手を評価され、ポイント0-0のレフリー判定で坂本選手が勝利。



IMG_6917
伊藤英元(TFG Unplugged Team)
VS
中村圭太(Zurumu-K-S Team)
二番手は今年のムンジアルでも一本勝ちの山を築き、紫帯ペナ級選手として国内実力者の伊藤選手と本大会最注目の中村圭太選手の試合となりました。
開始早々に中村選手がパスガードを決めて優位に試合を進めました。



IMG_6924
パスガードを3回決めた後に、バックを取った中村選手が送り襟絞め!



IMG_6928
これが極まって中村選手が勝利!
裸絞め十段の異名を持つ中村選手らしい勝利となりました。



IMG_6932
今泉タカシ(TFG Unplugged Team)
VS
石田浩(Zurumu-K-S Team)
Zurumu-K-S Teamがすでに2勝していますので準決勝進出となりますが、三番手の試合も行われました。結果はポイント9-0で今泉選手が勝利!

3試合2-1でZurumu-K-S Teamが勝利して準決勝進出を果たしました。



IMG_7112
紫帯(-220kg)トーナメント準決勝
ジョナサン・パグニ(パラエストラ吉祥寺Team)
VS
アレッサンドロ・エト(Over Limit BJJ Team)
パラエストラ吉祥寺チームはシードのため準決勝からの登場。
一方Over Limit BJJ Teamは一回戦で玉木強選手や佐藤晶彦選手など国内トップ紫帯から編成されるトライフォース青山チームを降して準決勝進出を果たしました。

一番手の試合はパグニ選手とエト選手の対決となりましたが、引きこんで試合をコントロールしたエト選手がポイント2-2からのレフリー判定で勝利!



IMG_7124
山下秀之(パラエストラ吉祥寺Team)
VS
クボ・リョウジ(Over Limit BJJ Team)
この試合は接戦となりましたがアドバンテージ2-1で山下選手が勝利!



IMG_7158
嶋田裕太(パラエストラ吉祥寺Team)
VS
ジエメルソン・ハッタ(Over Limit BJJ Team)
嶋田選手は2010年のJBJJF主催全日本選手権でプルーマ級ながらアダルト青帯アブソルート級を優勝、続く2010年アジア選手権ではアダルト青帯プルーマ級を優勝しています。その後紫帯に昇格し、2011年ヨーロピアン選手権アダルト紫帯プルーマ級準優勝、2012年同級3位のヒロ・ヤマニハを撃破するなどめざましい活躍を見せています。
一方のジエメルソンは総合選手としてアウトサイダーにも出場する選手。素早い動きで一本勝ち率の多い強豪です。



IMG_7161
拮抗した試合が予想されましたものの、フタを開けてみるとポイント8-0で嶋田選手が勝利!



IMG_7168
紫帯(-220kg)トーナメント準決勝
鈴木洋平(TT Team)
VS
石田浩(Zurumu-K-S Team)
石田選手が元プロシューターの鈴木選手にポイント0-0、アドバンテージ0-1で勝利!



IMG_7191
上月義生(TT Team)
VS
中村圭太(Zurumu-K-S Team)
ここでもバックキャッチャーぶりを発揮した中村選手が裸絞めで勝利!



IMG_7196
高橋俊彦(TT Team)
VS
坂本勝康(Zurumu-K-S Team)
ポイント0-2で坂本選手が勝利!

対戦成績3-0でZurumu-K-S Teamが決勝進出です。



IMG_7279
紫帯(-220kg)トーナメント決勝戦
嶋田裕太(パラエストラ吉祥寺Team)
VS
中村圭太(Zurumu-K-S Team)
トーナメント一の好カードが実現!



IMG_7285
なんと嶋田選手がスイープで先制!会場が沸きます。



IMG_7288
しかし中村選手もすぐさまスイープのお返し!同点に追いつきます。



IMG_7301
終盤まで互角の展開が続きましたが残り時間わずかのところで中村選手が得意のバックを奪取!そこから送り襟絞めを炸裂!中村選手が一本勝ちを果たしました。



IMG_7308
山下秀之(パラエストラ吉祥寺Team)
VS
坂本勝康(Zurumu-K-S Team)
一進一退の攻防となりましたが、ポイント0-2で坂本選手が勝利!



IMG_7326
ジョナサン・パグニ(パラエストラ吉祥寺Team)
VS
石田浩(Zurumu-K-S Team)
アームロックを極めてパグニ選手が勝利。

対戦成績2-1でZurumu-K-S Teamが優勝を果たしました!


次回は茶/黒のチーム戦もお届けします!



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔