English Portugues Japanese

2012年10月30日

【ドゥマウ】プロチャレンジ:アダルト茶アブソルートの試合

プロチャレンジのアダルト茶アブソのトーナメントは黒帯と同じく強豪選手が多数エントリーしていました。

その中でも注目はなんといってもミヤオ兄弟の兄貴、パウロ・ミヤオに他なりません。

パウロは今大会の1週間前に開催されたアジアオープンでもプルーマ&アブソで2階級制覇したのは記憶に新しいところ。

プルーマも激戦でしたが何といってもアブソのトーナメントが驚愕の内容でした。

アブソ決勝&準決勝ではクレベル・コイケとアンデルソン高橋という日本が誇る茶帯ツートップから勝利、それも一本勝ちという完勝だったのですから、その強さたるや想像を遥かに凌駕していました。

そんなパウロが参戦したプロチャレンジのトーナメントにはクレベルとアンデルソンはもちろん、アジアオープンでクレベルに一本負けしたサダ・クリモリもエントリーしており、パウロ絡みの試合はどれも見所満載でした。



1回戦
パウロ・ミヤオ(Impacto BJJ)
vs
服部謙一(NEX)
パウロの1回戦はMMAでも活躍中の服部選手が相手でした。







パウロは誰が相手でも決して自分のスタイルを変えずに同じ試合展開に。
いつものようにベリンボロからバックを奪い2:35、送り襟絞めで一本勝ち。




準決勝戦
パウロ・ミヤオ(Impacto BJJ)
vs
アンデルソン高橋(ホシャ柔術)
先週のアジアオープン、その前には8月にドゥマウ関西でも対戦した両者。
これが3度目の対戦になります。




アンデルソンの3度目の正直で初勝利か? はたまたパウロの2度あることは3度あるで3連勝なるかという注目の試合は4:32、送り襟絞めでパウロが一本勝ち。
これで対戦成績パウロの3連勝、そして3連続一本勝利になりました。




準決勝
クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
サダヨシ・クリモリ(Impacto BJJ)
パウロの反対ブロックの準決勝戦は先週のアジアオープンのリベンジマッチ。
アジアオープンではクレベルがサダから三角絞めで一本勝ちしています。




体格で勝るサダがスイープで先制。




クレベルも下から極め・スイープと必死の反撃もサダがバックに回り込みスイープで加点し4−0に。




ポイント4−0のまま試合終了しサダがリベンジに成功し決勝戦進出を決めました!




決勝戦はImpacto BJJ同士ということで戦わずにパウロがサダに優勝を譲りシャットアウト。
茶アブソの優勝賞金$800はサダが$200、パウロはが$600という配分でした。




アダルト茶帯アブソルート表彰台
優 勝 サダヨシ・クリモリ(Impacto BJJ)
準優勝 パウロ・ミヤオ(Impacto BJJ)
3 位 アンデルソン高橋(ホシャ柔術)、クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)
クレベルは表彰式に現れずに不在でした。



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔