English Portugues Japanese

2012年11月04日

【ドゥマウ】プロチャレンジ:黒帯プルーマの試合

夏のドゥマウ関西で黒帯レーヴィ級で出場し、国内トップの一角である嶌崎公次選手、プロ柔術「MATSURI」では林克芳選手から見事に勝利した岩崎正寛選手(チームHALEO)。

岩崎選手は長くブラジルで柔術修行して黒帯を取得して帰国し、国内最年少黒帯取得者として知られています。

現在は日本に定住し、サプリメントメーカーであるHALEOに勤務しながら柔術を続けており、最近本格的に試合復帰を果たしました。

8月の試合はレーヴィでしたが、今大会ではなんとプルーマ級に落としてのエントリーです。

結果的に岩崎選手は1試合のみで相手はアジアオープン覇者の金古一朗選手。

国内最強といっていい選手でそのパフォーマンスに注目が集まりました。



決勝戦
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
岩崎正寛(チームHALEO)
金古選手は1回戦で小林賢輔選手(G-FREE)からアキレス腱固めで一本勝ちし、
その負傷で小林選手は岩崎選手との試合は欠場しました。






試合序盤は下・下の状態からガードポジションを巡る攻防でした。




ガードからスイープに成功した岩崎選手が2−0で先制ポイントを獲得。




そのポイントを守りきって岩崎選手が勝利!
嶌崎選手に続き、アジア王者である金古選手からも勝利した岩崎選手。
その高いポテンシャルを見事に発揮しました。




アダルト黒帯プルーマ級表彰台
優 勝 岩崎正寛(チームHALEO)
準優勝 金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
3 位 小林賢輔(G-FREE)



【今日が誕生日の柔術家】タルシス・フンフェリー(30)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔