English Portugues Japanese

2012年12月09日

【試合レポ】ブルテリアオープン2012浜松:その他の試合

ブルテリアオープンには黒帯以外でも注目に値する選手が出場しており、バラエティに富んだ顔ぶれが揃いました。

海外から参加した選手、プロシューター、そして女子格闘家などなど。

柔術は黒帯ばかりが注目されがちですが、色帯にも個性的で魅力的な選手はたくさんいます。

今回はそんな色帯の注目選手の試合の数々を紹介します。



茶メジオに出場のシェイン・スズキ。
シェインは今年のアブダビ・ワールドプロの紫帯王者。
その後、茶帯に昇格しましたが茶帯でも活躍中。
今大会でも6:30、送り襟絞めで一本勝ちしワンマッチ決勝を制しました。






地元・浜松出身の関根爛轡絅譽奪畚┝選手(ボンサイ)。
ヒクソン杯で国内初黒星からの復帰戦でしたが、アダルト紫帯アブソで危なげなく優勝。




プロシューターの佐々木憂流迦選手(WK-Suruga)は昨年に引き続き連続参戦。
今年も青帯で出場しアジア王者とワンマッチ決勝戦に。




ポイント2−2からのアドバンテージ差で敗退。
昨年同様、準優勝に終わりました。




ジュベニウ女子の有望株、山口友花里(白心会)。
キックではプロのリングも経験し、柔術やアマ総合でも活躍中。
今回も腕十字を極め快勝!




パンクラスやジュエルスで活躍中の紫乃ヴァンフース(パラエストラ八王子)。
女子青プルーマで1回戦を勝利し決勝戦進出もそこで敗退、準優勝でした。




シュートボクシングのGirls-S-cup王者にして総合無敗の現役女子校生ファイター、
魅津希こと井上瑞樹(白心会)が女子青アブソに出場。
2試合ともサイドからのキムラで一本勝ちし優勝です。




魅津希選手は12/15(土)、ディファ有明で開催される女子総合格闘技ジュエルスに出場。
そこで韓国人選手とパウンドありの試合に挑みます!



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔