English Portugues Japanese

2013年01月22日

【Jiu Jitsu Priest CUP 2013】アダルト紫帯の各階級決勝戦

初開催のJiu Jitsu Priest CUP 2013、最後の試合レポートはアダルト紫帯です。

アダルト紫帯はアブソルート級を含めると6階級で熱戦が繰り広げられました。

この紫帯は現在の柔術シーンで最も活気があるといっていい激戦区のカテゴリー。

紫帯は総じて技術レベルも成熟しており、確固たる自分の試合スタイルを構築している選手も少なくありません。

今大会では福岡や熊本、愛知からはるばる遠征して試合に出場してきている選手もいて犂愿貔vs地方組瓩箸いδ舛靴ご藕腓錣擦眤燭実現したのも見所の1つです。

それではアダルト紫帯の各階級の決勝戦を紹介します!


IMG_6877
<アダルト紫帯プルーマ級一回戦>
佐藤晶彦(トライフォース青山)
VS
山田大聖(RJJ)
パスガードを3回決めた佐藤選手がポイント9−0で勝利!



IMG_6975
<アダルト紫帯プルーマ級準決勝>
佐藤晶彦(トライフォース青山)
VS
頼藤暁(パラエストラ熊本)
まずはベリンボロからのレッグドラッグ、ニーオンの連携で頼藤選手が一挙7ポイントの大量リードを奪います。



IMG_6991
しかし佐藤選手はその後スイープを2回、バックを奪いポイントで逆転すると、フィニッシュは送り襟絞め!



IMG_7006
一本勝ちで佐藤選手が決勝戦にコマを進め優勝しました。



IMG_7008
<アダルト紫帯ペナ級準決勝>
川上智志(パラエストラ池袋)
VS
石田浩(頂柔術)
ポイント0−0、アドバンテージ1−1のレフリー判定で川上選手が勝利!



IMG_7052
<アダルト紫帯ペナ級
今泉貴史(アンプラグド国分寺)
VS
松本匡史(PUREBRED 川口REDIPS)
ポイント13−0で今泉選手が勝利!



IMG_7213
<アダルト紫帯ペナ級決勝戦>
川上智志(パラエストラ池袋)
VS
今泉貴史(アンプラグド国分寺)
昨年9月のDUMAUで一度対戦している両者。
その時は今泉選手が一本勝ちしています。



IMG_7225
しかし今回は川上選手が飛びつき三角から腕十字に移行して一本勝ちでリベンジ達成!
トーナメント優勝を果たしました。



IMG_7175
<アダルト紫帯ガロ級決勝戦>
坂本純(トライフォース柔術アカデミー)
VS
田中知希(パラエストラ千葉)



IMG_7180
坂本選手がパスガード、ニーオン、マウントを決めてポイント9−0で勝利!



IMG_7234
<アダルト紫帯レーヴィ級決勝戦>
ロジャー・ヴィア(トライフォース青山)
VS
鬼島有羽(DRAGON'S DEN)



IMG_7248
テイクダウン、パスガード、マウントでポイント9−0でロジャー選手の優勝



IMG_7252
<アダルト紫帯ペサード級決勝戦>
林祐典(AXIS福岡)
VS
小島健作(トラスト柔術アカデミー)



IMG_7266
共にスイープを決めてポイント2−2でしたが、林選手がアドバンテージ2つリードしていたため林選手が優勝!



IMG_7649
<アダルト紫帯アブソルート級決勝戦>
ヴィトー・メディロス(和術慧舟會駿河道場)
VS
小島健作(トラスト柔術アカデミー)
小島選手がテイクダウンで先制します。



IMG_7657
しかし直後にヴィトー選手がアキレスを極めて一本勝ちで優勝!
ヴィトー選手は決勝以外もアキレスで勝利しており、必殺技のようでした。




photo and text by Takashi Umezawa



【今日が誕生日の柔術家】フレジソン・アウベス



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔