English Portugues Japanese

2013年01月25日

【ヨーロピアン2013】大会初日の様子


1/24から4日間に渡りポルトガルのリスボンで開催されるIBJJF主催「ヨーロピアン選手権2013」が大会初日を迎えました。

ヨーロピアンは年々規模が大きくなっており、今年もヨーロッパのみならずブラジル・アメリカ・日本などからも多くの参加者がエントリーしています。

大会初日は白・青帯の試合ですが、初日から10面あるマットの全てを使って進行し、欧州最大規模の大会として見事に運営されています。

それでは大会初日の様子を紹介しましょう。





会場は例年通りのComplexo Municipal Esportivo do Casal Vistoso。
マットは10面です。
大会スタート当初から、この10面全部を使って試合を進めていました。




今までは会場内に設置されていた物販ブースも今年からは会場ロビーに移動。
ブースは大きく拡大されていてVENUM、KORAL、KEIKO、ATAMAなどが出店しています。




日本からの遠征組の先陣はINFIGHT JAPANの才津旭弘選手。
アダルト青帯メジオに出場です。




引き込んだ相手のガードをパスし、ポイントリードで優位に試合を進めていましたが、
いきなり試合ストップ!




どうやら対戦相手が間違っていたようで、若干の休憩を入れて再試合に!




本来の対戦相手との再試合。
テイクダウンでポイントを先制し4−0とリード。




ですが試合終盤にスイープ&バックマウントで逆転され6−4に!




最後はバックマウントから脱出するも、残り試合時間も少なく
ポイントを逆転することができず初戦敗退!




大会前日に行われたレフェリー講習会に参加した
Impacto BJJのヨースキ・ストー。
いち早く新ルールを学んできたようです。
大会初日からレフェリーとして活躍!




ヨースキさんは去年もヨーロピアン、パン、ムンジアルと国際大会で多くレフェリーをしています。
いま日本で一番経験があるレフェリーかもしれません。




ヨーロピアン初の女性レフェリー!
チェックマットの黒帯、イダ・ハンソンです。
これまでIBJJFの大会で女性がレフェリーしていたのは
ヒラリー・ウイリアムスがいましたが、
イダはそれに次ぐ二人目かも?!




かつて爛謄譽貽鸚き瓩噺討个譴討い織▲薀鵝Ε鼻Ε淵轡瓮鵐鉢爛侫ホ瓠
フィホの2回戦は順当にいけばかつての師であるテレレと当たります。
「もし当たったらやるの?」と聞いたら「もちろん!」と即答。
テレレvsフィホ、実現したら楽しみ!




会場にホジャー・グレイシーの姿を発見!
いまはMMA優先で、最近の柔術の試合は昨年のメタモリスだけ。
今年のムンジアルにも不出場っぽいのが残念です。






【今日が誕生日の柔術家】入來 晃久(31)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔