English Portugues Japanese

2013年03月20日

【パン選手権】日本人選手、渡米!


3/20から開幕するIBJJF主催のパン選手権。

今年は参加者数が3000人を超え、初の5日間の開催になるなど世界最大の柔術大会の名に相応しい規模で行われます。

が、例年に比べると日本人選手の参加がやや少ないのが残念です。

そんな日本人選手の一部が大会初日の前日である3/19、羽田空港からLAに飛び立ちました。

この選手らはみんな違う所属ですが呉越同舟でLAに乗り込みます!


岩崎正寛(HALEO TOP TEAM)
※アダルト黒帯ペナ級に出場
岩崎選手はヨーロピアンに続いて国際大会連続出場。ヨーロピアンではタンキーニョ、レオノゲと対戦し一本負けも世界王者クラスと肌を合わせたことで大きな経験値を得ました。それを糧にパン選手権に挑戦します。その初戦の相手はマリオ・ヘイス!元とはいえムンジアル&コパドムンドの2冠を制したベテランのビッグネーム。大物食いに期待です。



サダ・クリモリ(Impact BJJ)
※アダルト茶帯メジオ級に出場
ヨーロピアンでは茶メジオで準優勝のサダ、今大会でも同階級に出場。ですがまだ3kgの減量があるそうでホテルに着くなり、ホテル内のジムで汗を流していました。サダと同じカテゴリーにはUFCファイターのベンヘン・ヘンダーソンがいます。果たして対戦なるか?!



カーロス・キムラ(小川柔術)
※マスター茶帯レーヴィに出場
昨年はDFCを獲得するもアメリカビザ取得ができずに涙を飲んだセリンゲロが念願のアメリカ国内の試合に挑みます。1月のヨーロピアンでも優勝しているセリンゲロは現在無職。ヨーロピアンが終わって帰国したらクビになってしまい、いまは失業保険をもらいながら練習する毎日だそうです。すき屋とコーヒーが大好きなセリンゲロ、頑張って欲しい!




杉本寛樹(AXIS千葉)
※アダルト青帯ガロに出場
国内トップクラスの青帯ガロ級選手である杉本選手、昨年に続いてパン選手権は2回目の出場。昨年はパンでベスト8、ムンジアルで初戦敗退、ですがアジアオープンでは優勝とその後の成長目覚しい逸材。柔術のために大学を中退し、最近はメイド喫茶に足しげく通う23歳。財布の中にはいろんなメイド喫茶のポイントカードがたくさん!




高須宝亀(小川柔術)
宝の亀と書いて爛曠Ε瓩汎匹犢眇楞手。高須選手も海外大会の常連でヨーロピアンこそ初戦敗退も昨年のマスター&シニアでは階級・無差別ともメダルを獲得しています。トラックの運転手が本業で、時間通りに仕事が終わらずになかなか練習時間が確保できない中、しっかりと試合で結果を残してDFCを獲得してのパン選手権参戦です。



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔