English Portugues Japanese

2013年08月01日

【大会レポ】JBJJF第14回全日本ブラジリアン柔術選手権大会:アダルト黒帯フェザー級

本日は前回のアダルト黒帯ライト級に引き続き、フェザー級の模様をお届けします!

フェザー級のエントリーは4名でした。昨年度優勝者の中村大輔選手は残念ながら不出場ですが、今回エントリーしたのは昨年準優勝の加古選手、塚田選手に西林選手、丹治選手と経験豊富な選手達。

誰が優勝してもおかしくないトーナメントとなりました。

IMG_2659
一回戦
加古拓渡(グラップリングシュートボクサーズ)
VS
丹治章近(Clube de Jiu Jitsu)





IMG_2701
ポイント0-0、アドバンテージ3-0で加古選手が勝利。



IMG_2706
一回戦
塚田市太郎(DAMM FIGHT JAPAN)
VS
西林浩平(リバーサルジム新宿Me,We)
まずは西林選手がアドバンテージを先取。


IMG_2707
塚田選手は得意のトップからの攻めの展開に持ち込みます。



IMG_2714
対する西林選手はディープハーフなどで応戦。



IMG_2730
試合中盤、パスマウントで7ポイントを得た塚田選手が一気にリードします。



IMG_2738
最後にダメ押しでテイクダウンを決めた塚田選手がポイント9-0で勝利!



IMG_3069
決勝
加古拓渡(グラップリングシュートボクサーズ)
VS
塚田市太郎(DAMM FIGHT JAPAN)
過去幾度と無く対戦している両者。毎試合削り合いの好勝負が繰り広げられ、もはや名勝負数え歌的になっています。
今回も互角の展開となりました。



IMG_3093
パスガードのプレッシャーをかける塚田選手に対し、加古選手はニーシールドガードで応戦。



IMG_3096
塚田選手が怒涛のトップからの攻めでポイントはならずもアドバンテージを取得していきます。



IMG_3110
体勢を立て直す加古選手。



IMG_3122
しかし塚田選手は追撃の手を緩めることなくパスガードの圧力をかけていきます。
塚田選手が追加でアドバンテージを得ます。



IMG_3127
残り時間わずか、両者ポイントなし、アドバンテージで塚田選手がリードのまま加古選手がスイープするか塚田選手がトップをキープし続けるかの息を飲む展開に。



IMG_3132
加古選手の反撃ならず、ポイント0-0、アドバンテージ3-0で塚田選手が初優勝!
悲願の全日本初制覇となりました。



次回以降も引き続きアダルト黒帯の模様をお届けします!



photo and text by Takashi Umezawa



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔