English Portugues Japanese

2013年08月22日

【ドゥマウ】DUMAU KANSAI 2013:アダルト茶帯階級別の試合

アダルト茶帯ではドゥマウ常連のアンデソン・タカハシ(ホシャ柔術)が圧倒的な強さを見せ、階級別では2試合連続の一本勝ちで優勝し、アブソルートも制して2階級制覇を果たしました。

その対戦相手の中にはMMAでも活躍中の田村ヒビキこと田村幸成選手(パラエストラ大阪)、パラエストラ南大阪代表の南和良選手もいましたが、2選手とも一本で勝利しているのは特筆に値するでしょう。

そんなアダルト茶帯の試合、まずは階級別から紹介します。


01
アダルト茶帯メジオ級1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
田村幸成(パラエストラ大阪)
注目の対戦が1回戦で実現。
MMAで活躍中の田村ヒビキ選手をアンデルソンがバックからの絞めで5:45、一本勝ち!





02
アダルト茶帯メジオ級決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
チアゴ・シオカワ(クサノチーム)
決勝戦もバックからの送り襟絞めでタップアウト。



03
4:38、2試合連続の一本勝ちで優勝です。



04
アダルト茶帯ペナ級決勝戦
○田井達也(ラグナロク柔術)
vs
×ミヤハラ・ミツハル(誠心館)



05
田井選手が日系ブラジリアンのミヤハラ選手から2−0で勝利して優勝。


06
アダルト茶帯プルーマ級決勝戦
○橋本知之(チームレグナム)
vs
×中村新也(京都何気)
橋本選手が一本勝ちでワンマッチ決勝を制して優勝です。



【今日が誕生日の柔術家】エジ・ハモス(33)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ブラジルブログファン   2013年08月22日 16:12
4 ミヤハラ選手の所属先は精神館ではなく【誠心館】です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔