English Portugues Japanese

2013年08月23日

【ドゥマウ】DUMAU KANSAI 2013:アダルト茶帯アブソルートの試合

アダルト茶帯アブソルートには階級別に出場した主だった選手が顔を揃えており好カードが続出しました。

中でも優勝したアンデルソン絡みの3試合はどれも興味深い顔合わせで非常に注目度が高い試合となっています。

1回戦のvs橋本、準決勝のvs南、そして決勝戦は階級別のリベンジマッチと関西の名だたる強豪との対戦でした。


00
1回戦
○南和良(パラエストラ東大阪)
vs
×チアゴ・シオカワ(クサノチーム)
10−2で南選手が判定勝ち。





01
1回戦
○アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
×橋本知之(チームレグナム)
4:00、送り襟絞めでアンデルソンが一本勝ち。



02
準決勝
○田村幸成(パラエストラ大阪)
vs
×南一成(チームレグナム)
5:55、送り襟絞めで田村選手が勝利、決勝戦進出。



03
準決勝
○アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
×南和良(パラエストラ東大阪)
0:47、三角絞めでアンデルソンが秒殺一本勝ち!



04
決勝
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
田村幸成(パラエストラ大阪)
階級別でのリマッチがアブソ決勝で実現。



05
階級別で一本負けしている田村選手は極め狙いでヒザ十字を仕掛けるも、
アンデルソンに凌がれ上を取られ2ポイント献上。



06
その後、互いにスイープなどでポイント4−4となり拮抗した試合に。



07
最後はP4-4、A0-0からレフェリー判定でアンデルソン勝利!
2階級制覇を達成しました!



12
アダルト茶帯アブソルート級表彰台
優 勝 アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
準優勝 田村幸成(パラエストラ大阪)
3 位 南一成(チームレグナム)、南和良(パラエストラ東大阪)



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・トッジィ(35)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔