English Portugues Japanese

2013年08月29日

【大会レポ】8/25 群馬オープン2013

毎年恒例のINFIGHT JAPAN主催の群馬オープン。

今年で4回目の開催となり、しっかりと地元に根付いた大会となっている。

今大会の出場者は主催アカデミーのINFIGHT JAPANや群馬に拠点を置くアカデミーが過半数ではあったが、同日に都内で別大会が行われているにも関わらずに首都圏からも参加者があったのは大会が定着した証拠だろう。

この群馬県は愛知県や静岡県と同様に日系ブラジリアンのコミュニティがあるので、日本人と日系ブラジリアンと半々ぐらいの割合で試合は行われた。

だが進行は特にダレることもなく粛々と進み、運営も手馴れた様子だったのは好印象だった。

かつては日系ブラジリアン主催大会といえば進行の遅れが当たり前だったが、もうそんな話は過去のもののようだ。

また今大会の特徴の1つとして協賛スポンサーから提供された豊富な副賞の数々も目を引いた。

有名ブランドのギが8着もあり、さらにプロテインやファイトウェア、タブレットや音楽プレイヤーなどが大会優勝者の中から抽選で選ばれた選手に贈られたのは他の大会にはない豪華さだった。

出場者数は100人超えだったにも関わらずにアダルト黒帯&茶帯の試合が組まれなかったのは、ここ最近の大会ラッシュの影響があったと考えられる。

大会を主催したINFIGHT JAPANは11/24(日)に埼玉県桶川市で「コパ・デ・サイタマ」を開催予定で、この大会ではギ&ノーギを同時開催する。

この大会もまた豪華商品の数々が用意されるそうなので出場を検討してみてはいかがだろうか。

なお今大会は柔術プリーストでも配信予定となっているのでそちらも期待して頂きたい。


01
大会開始前には全選手を集めての開会式も。
柔術大会で開会式はあまり行われないので新鮮に感じられた。



02
試合マットは最初だけ2面で後半は1面進行にチェンジ。
試合数は2面合計で120試合ほどという中規模大会だった。



03
大会メダルはギを形どった特注品。
これは珍しい!



04
シニア1黒帯アブソルート
○西村暁(INFIGHT JAPAN)
vs
×中野雅史(ダムファイトジャパン)
4:02 片羽絞め


05
ワンマッチ決勝は西村選手が中野選手を絞め落として一本勝ちで優勝。



06
シニア2黒帯アブソルート決勝戦
×西村暁(INFIGHT JAPAN)
vs
○石倉克俊(須藤アカデミー)
PO-0、A0-0からのレフェリー判定で石倉選手が勝利。
最初から最後まで同じポジションのまま試合が終わってしまいました。


07
マスター茶帯アブソルート決勝戦
○輪龍太郎(INFIGHT JAPAN)
vs
×石川弘道(アンプラグド国分寺)
5:08、サイドからの絞めで輪選手が一本勝ちで優勝し階級別と合わせ2冠に。



08
アダルト紫帯アブソルート決勝戦
○クレイトン・マノエル(ノヴァウニオンジャパン)
vs
×樋口翔己(パラエストラ吉祥寺)
0:48 三角絞め
体格で勝るクレイトンがガードからの三角絞めで秒殺一本勝ちし
全3試合を圧勝しての優勝でした。



09
アダルト紫帯ガロ決勝戦
○ファビオ・ウエダ(INFIGHT JAPAN)
vs
×宮尾司(フリー)
最初にパスガードで先制したファビオがP3-2でワンマッチ優勝。



10
アダルト紫帯ペナ決勝戦
○ジエメルソン・ハッタ(OVER LIMIT BJJ)
vs
×今泉匡哉(AXIS群馬)
MMAでも活躍中のジエメルソンがP9-0で決勝戦を制す。
ジエメルソンは10月に北京で開催されるREAL FCに出場予定。



12
アダルト紫帯レーヴィ決勝戦
○樋口翔己(パラエストラ吉祥寺)
vs
×久野智之(AXIS群馬)
パスガードした樋口選手がP3-0で勝利して優勝。



11
アダルト紫帯メジオ決勝戦
○アレッサンドロ・エト(OVER LIMIT BJJ)
vs
×松本新(INFIGHT JAPAN)
引き込んだエトがパスガードを許さずP0-0からレフェリー判定で辛勝。



13
女子アダルト青帯プルーマ決勝戦
○ミリアン・ヤマダ(INFIGHT JAPAN)
vs
×入澤友梨子(AXIS群馬)
三女・カオリを出産後、約3年ぶりに試合復帰のミリアンがP15-2で圧勝。
ワンマッチ決勝で優勝した。



15
大会主催のINFIGHT JAPAN勢。
今大会でも多くの選手が出場し好成績を残した。



16
大会主催者
ヘナート・シウバのコメント
「今年も無事に大会が終わってよかったです。ただ黒帯と茶帯が少なかったのが残念でした。この大会を継続して開催することで群馬でも柔術が盛り上がってるんだよ、ということを示していきたいです。また来年も開催するので、今年以上の大会にできるように頑張ります。次は11/24のコパ・デ・サイタマを成功させたいです。よろしくお願いします。」



【今日が誕生日の柔術家】マウリシオ・ソウザ、オリバー・ゲデス、藤本勤



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔