English Portugues Japanese

2013年09月07日

【大会情報】9/21『Ground Impact REVIVAL』全対戦カード決定!

b0f39bfe
9/21(土)、東京・新宿の新宿FACEで開催されるIF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』の全対戦カードが決定しました。

今大会はデラヒーバ引退記念試合・20分オンリーサブミッションマッチ、ヒカルド・デラヒーバvs中井祐樹をメインに据え、その他にもアマゾンvs柿澤、植松vs佐々木など好カードが並んでいます。

その全対戦カードを紹介します。

■ヒカルド・デラヒーバ引退記念試合
BJJルール 20分1本勝負(判定なし)
ヒカルド・デラヒーバ(デラヒーバ柔術)
vs
中井祐樹(パラエストラ東京)

■68kg契約 ADCC特別ルール
佐々木憂流迦(WK SURUGA)
vs
植松直哉(ネクサセンス)

■黒帯ライト級 BJJルール
杉江爛▲泪哨鶚畭臺紂SAD)
vs
柿澤剛之(PUREBRED大宮)

■66kg契約 ADCC特別ルール
羽田徹ィ郎(和術慧舟會東京道場)
vs
松本義彦(GRABAKA柔術クラブ)

■黒帯無差別級 BJJルール
時任拓磨(PUREBRED大宮)
vs
八隅孝平(ロータス世田谷)

■黒帯無差別級 BJJルール
小澤幸康(TEAM KAZE)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)

■黒帯無差別級 BJJルール
小野瀬龍也(reversal gym kawaguchi REDIPS)
vs
岡本裕士(RJJ)

■黒帯無差別級 BJJルール
新明祐介(トライフォース柔術アカデミー)
vs
鶴屋浩(パラエストラ千葉)

■黒帯ライトフェザー級 BJJルール
山田秀之(デラヒーバジャパン柔術アカデミー)
vs
江崎壽(パラエストラ札幌)

■茶帯フェザー級 BJJルール
鍵山士門(デラヒーバジャパン柔術アカデミー)
vs
世羅智茂(GROUND CORE)



どのカードもプロ大会ならではといえる対戦で要注目なのですが、個人的に一番見たいと思うのはADCC特別ルールの佐々木憂流迦vs植松直哉の一戦です。

佐々木選手はご存知の通り、総合格闘技をメインにしながらも積極的に柔術やグラップリングの試合にも出場する組み技のスペシャリスト。

そして今年のADCCアジア予選の優勝者でもあり、来月北京で開催されるADCC本戦に出場する新進気鋭のホープです。

対する植松選手もADCCの本戦に出場したことがあり、また柔術のノーギ世界選手権にも出場経験がある大ベテラン。

またそれだけでなく国内外のグラップリングのプロ大会の常連でもあり、一撃必殺の足関節の極めで幾多の選手の関節を破壊してきており、恐怖すら感じられることでしょう。

まさに新鋭vsベテラン的な図式の組み合わせですが、この対戦を知って真っ先に思ったのは、佐々木選手がよくこの試合を承諾したな、ということでした。

なぜなら植松選手の関節技は瞬時に極まる早業であるだけでなく、極まったら最後、負傷は必至という危険極まりないものであるからです。

ADCC本戦の一ヶ月前というこの大事な時にあえてこの危険な勝負に挑むその心意気はさすがという他ありません。

この試合こそ勝負論に徹しただけでなくプロ大会で行う意義がある大一番的なカードといえるでしょう。

必見です!


revival2013
9月21日(土)新宿フェイス 開場18:00 開演18:30
presented by ISAMI reversal
「プロ柔術 Ground Impact REVIVAL」
■チケット
VIP席(正面最前列・お土産付き) 30000円
SRS席(最前列・お土産付き) 10000円
カウンター席 10000円
RS席 7000円
A席 5000円
B席 4000円
チケットぴあIF-PROJECTにて絶賛発売中!



またこのプロ柔術の翌日の9/22(日)には光が丘ドームで毎年恒例のデラヒーバカップも開催予定。

こちらはすでに出場申し込み受付中で、マイティーマイト(4歳)からシニア5(56歳以上)まで全カテゴリーで選手を募集中です。

image6
9月22日(日)光が丘ドーム
presented by ISAMI reversal
「Ricaldo DeLaRiva CUP2013」
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】片岡誠人(36)



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔