English Portugues Japanese

2013年11月17日

【レポ】アジアオープン2013:アダルト紫帯の試合

アダルト紫帯は各階級ごとに将来を嘱望された若手選手がおり、また彼らが前評判通りの活躍をして大会を盛り上げました。

中でも特筆すべきは嶋田裕太選手(ネクサセンス)でしょう。

日本人初のブラジレイロ王者&ムンジアル準優勝、そしてLAで開催されたプロ柔術、Jiu Jitsu Battleにも出場と国内はもちろん海外でも注目されている若手有望株です。


01
嶋田裕太(ネクサセンス)




嶋田選手はトップゲームを得意としており、ガードポジション全盛期の現在の柔術シーンにおいて一際異彩を放っている試合スタイル。

とはいうものの、パスガードだけでなくガードもしっかりできる点が嶋田選手の強みでもあり、また極めの強さを存分に発揮し階級別では全試合一本勝ちでの優勝でアブソルートでも準優勝。

まさに紫帯MVPといっていい大活躍でした。


02
プルーマ級を圧倒的な強さで全試合一本勝ちでぶっちぎり優勝。
続くアブソルートではレーヴィ優勝のホブソン・タンノ(Impacto BJJ)に
勝利して決勝戦進出。



03
アブソ決勝はスペルペサード優勝のダニー・フェリツ(Icon BJJ)に敗れるも
テイクダウンによるポイント2−0での敗北。
ですがこ準優勝は誇っていい結果でしょう。



04
ガロ優勝は杉本寛樹選手(AXIS千葉)。
決勝戦のvsウェンデル・オザキ(小川柔術)戦では鉄壁のクローズドガードを
駆使し手堅く初勝利。



05
ペナ優勝の爛僖鵐董璽薛瓩海肇凜.鵐妊譽ぁΕ織サキ(Impacto Japan BJJ)。
パンテーラはこれでJBJJF全日本、JJFJ全日本、そしてこのIBJJFアジアオープンと
主要大会を総ナメ!



06
いま嶋田裕太選手とともに最も勢いがある紫帯といえるのがこの
ホブソン・タンノ(Impacto BJJ)です。
ほぼ毎月試合をしながら連勝街道を驀進中でアブソでも常に入賞する
表彰台の常連選手。
今後の活躍にも注目!



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔