English Portugues Japanese

2014年03月06日

【レポ】XI COPA DUMAU:アダルト茶帯アブソルート

階級別で一進一退の攻防を展開したアンデルソン・タカハシとシェイン・スズキ。

その二人はアブソでは反対ブロックに入り決勝まで勝ち進めばリマッチが実現します。

ですが他にエントリーした選手も精鋭揃いで、6人とやや少なめの人数ではありましたが決勝戦まで全試合が一本決着というアグレッシブな試合が続出しました。


01
1回戦
×ジェームス・チェリー(マイチームジャパン)
vs
○チアゴ・シオカワ(クサノチーム)
3:10 アキレス





02
1回戦
○シェイン・スズキ(ATOS/Over Limit BJJ)
vs
×ダグラス・コバヤシ(ベースJJ)
0:54 送り襟絞め



03
準決勝
○アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
×チアゴ・シオカワ(クサノチーム)
3:09 送り襟絞め



04
準決勝
×加藤隆弘(パラエストラ岐阜)
vs
○シェイン・スズキ(ATOS/Over Limit BJJ)
6:08 外掛反則



06
決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
シェイン・スズキ(ATOS/Over Limit BJJ)
階級別のリマッチがアブソでも実現!



07
両者とも引き込んでガードに拘る試合展開。
Wガードの攻防からスイープ合戦に!



08
そんな中、パスガードに成功したシェインがP9-8で勝利。



09
階級別では敗れたシェインがリベンジに成功しアブソ優勝!
この試合は非常にスリリングで今大会のベストマッチでした。



10
階級別準優勝&アブソ優勝のシェイン・スズキ。
シェインはちょうど今日22歳になったばかりと若く、
今後の活躍も期待できます。
次の試合は来月のワールドプロに出場予定。
そこでも好成績を残せるか注目です。



【今日が誕生日の柔術家】ヒカルド・エヴァンゲリスタ(28)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔