English Portugues Japanese

2014年03月23日

【レポ】パン選手権2014:アダルト黒帯ペナ

昨年のムンジアル入賞者のタンキーニョ、ハファ、コブリンヤ、マリオの4人中3選手が不出場だった今大会。

そこで久々の優勝を果たしたのが大ベテランのマリオ・ヘイスでした。

マリオはこの10年間という長きに渡り常にムンジアルの表彰台に立ち続ける強豪中の強豪。

最近こそ上記の3選手の影に隠れてしまっていますが、この驚異的なバイタリティは再評価されてしかるべきでしょう。

そんなマリオがジャンニと同門シェアとはいえパン選手権で表彰台の頂点に立ったのは非常に嬉しい結果でした。

またジャンニもヨーロピアン3位に続くパン準優勝で黒帯昇格後の国際大会2連続入賞と着実に実力を発揮していので早くも10週間後に開催が迫っているムンジアルでも活躍が期待できます。


1
準々決勝で注目対決。
ジャンニvsイザッキ・パイヴァ(最高柔術)の一戦はWガードで
両者に膠着のペナルティが2つずつ入る中、P5-2でジャンニ勝利。




4
準決勝
サミール・シャントレ(ブラザCTA)
vs
ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)



5
3/29にLAで開催されるメタモリス3でのvsハファ・メンデス戦を
控えるサミールをジャンニがスイープを決めてP2-0で勝利。
ジャンニに負けてしまったサミール、vsハファ戦は大丈夫か?!



2
準決勝
マリオ・ヘイス(アリアンシ)
vs
オズワルド・モイジーニョ爛吋ぅ掘璽縫膈瓠淵屮薀CTA)



3
スイープ合戦でポイントの取り合いになるも、最後はマリオが粘り勝ち!
P6-4でマリオ勝利で決勝戦へ。



6
同じアリアンシでもマリオはブラジル・ポルトアレグレで
ジャンニはNYのマルセリーニョ所属ということでガチ対戦もあるかと
思われましたが、対戦はなしで同門シェア。
黒帯1年目のジャンニがマリオに勝ちを譲ってマリオが優勝!



05
ペナ
優 勝 マリオ・ヘイス(アリアンシ)
準優勝 ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)
3 位 オズワルド・モイジーニョ(ブラザCTA)、サミール・シャントレ(ブラザCTA)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔