English Portugues Japanese

2014年06月03日

【速報】ムンジアル2014:大会最終日の日本人選手の結果

01
ムンジアル2014、大会最終日の日本人選手の結果です。




02
ガロ
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)
vs
ジョアオ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)



03
ジョアオが引き込んですぐにスイープし、そこからポジション奪いまくりで大量ポイント獲得。



04
最後にジョアオがスイープを許すも、ポイントはP4-25で芝本選手はベスト8。
惜しくもメダルに一歩届かずでした。



05
プルーマ
吉岡大(東京イエローマンズ)
vs
パウロ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)



06
Wガードプルから膠着のペナルティが両者に2つずつ入るも
パウロが足関節などでアドバンテージを重ねる展開。



07a
最終的には互いにノーポイントもアドバンテージ1-4でパウロ勝利。
勝ち名乗りの際に悔し涙を流しながら「畜生!」と叫んだ吉岡選手。
2000年からムンジアルに参戦し続けてきましたが、これが最後の
ムンジアルになってしまうのでしょうか?!



08
プルーマ
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
ギィ・メンデス(AOJ)



09
ムンジアルで初めて最終日に勝ち残った金古選手。
ギィと対戦もすぐにバックを奪われピンチに。



10
最後は送り襟絞めでタップ、4:55 一本負けで終了でした。




【今日が誕生日の柔術家】デニウソン・ピメンタ(34)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔