English Portugues Japanese

2014年06月14日

【レポ】ムンジアル2014:黒帯メジオ〜ペサード

昨年のレーヴィ王者、レアンドロ・ロは今年からメジオに本格参戦中でパン選手権ではムンジアル王者のオタービオ・ソウザから勝利し優勝。

さらにアブソでもアンドレ・ガウヴァオン相手に互角の試合を展開したのは記憶に新しいところでしょう。

そのパン選手権のメジオ決勝戦の再戦がムンジアルでも実現しました。

2年連続でムンジアル・メジオ級王者となっているオタービオとパン選手権でオタービオに勝利しているロの一戦はP2-0で終わったパン決勝とは違い激しい攻防が繰り広げられました。


1
黒帯メジオ決勝戦
オタービオ・ソウザ(グレイシーバッハ)
vs
レアンドロ・ロ(PSLPBシセロコスタ)
パン決勝のリマッチは大激戦に!
オタービオが得意とするオモからのスイープ&アームロックが猛威を振るうも
ロもパスで応戦。





2
パス&スイープが交錯するめまぐるしい展開は
P9-6でロが勝利、パンに続きvsオタービオ2連勝で優勝。
ロは2012&2013をレーヴィで優勝し、今年はメジオで初優勝です。


3
メジオ表彰台
優 勝 レアンドロ・ロ(PSLPBシセロコスタ)
準優勝 オタービオ・ソウザ(グレイシーバッハ)
3 位 ヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ)アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠淵船Д奪マット)
※フィホは準決勝で負傷し担架で運ばれ表彰式に不参加



4
ヨーロピアン、パンで頻発したクローズアウトもムンジアルでは1階級のみ。
メイオペサードでブラウリオ・エスティマとホムロ・バハルの
グレイシーバッハ・コンビで優勝シェア。



5
ブラウリオは通算4度目の優勝。
初優勝した2004年から10年に渡って第一線で活躍中なのは特筆モノ!



6
メイオペサード表彰台
優 勝 ブラウリオ・エスティマ(グレイシーバッハ)
準優勝 ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)
3 位 ムリーロ・サンタナ(バルボーザ)、グットー・カンポス(ATOS)
隠れた実力者、ムリーロが遂にムンジアル・黒帯表彰台に立ったのも注目!
表彰台は確実と思われていたキーナン・コーネリアスは
2回戦で外掛反則のDQで失格負けは不運。



7
ペサード決勝戦
アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)
vs
フェリッペ・ペナ爛廛譽ーサ瓠淵哀譽ぅ掘璽丱奪蓮
ポルトガル語で怠け者という意味のプレギーサはコパポジオで活躍し名前を上げた選手。
ムンジアルでは黒帯決勝戦に初進出。



8
パン2冠王のアンドレ・ガウヴァオンをスイープで翻弄し、P6-4で劇的な勝利!
ムンジアル初優勝を果たしました。



9
ペサード表彰台
優 勝 フェリッペ・ペナ爛廛譽ーサ瓠淵哀譽ぅ掘璽丱奪蓮
準優勝 アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)
3 位 ハファエル・ロバトJr(ヒベイロJJ)、ディミトリス・ソウザ(アリアンシ)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔