English Portugues Japanese

2014年07月09日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2014』その他の試合

ASJJF『ジャパンオープン2014』、最後のレポはその他の試合まとめ。

いままで紹介してなかった試合の数々を厳選してレポートする。

シニア黒帯では11月のワールドマスターズ出場に意欲を燃やすエジソン・カゴハラが出場。

大会運営の責任者を務めながら試合に出場、ワンマッチ決勝ながら優勝するも極めきれなかったことを悔やんでいた。

女子では青帯でジュリアナ、白帯でキャロリーナとルアナと十代の日系ブラジリアンが活躍。

白帯アブソはINFIGHT JAPANのキャロリーナが制しvsルアナに初勝利。

キャロローナは19歳で過去にブラジルフェスのミスコン優勝歴がある美貌と実力と兼ね備えた選手で今大会後に青帯昇格を果たしている。



01
シニア2黒帯フェザー決勝戦
○エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
×佐野英司(京都何気)
Wガードの攻防からスイープを繰り返してP4-2でエジソン勝利でワンマッチ決勝を優勝。
エジソンは得意の足関節を狙っていたようだが極めれず。





02
シニア1黒帯ライトフェザー決勝戦
○山田悦弘(パイシャオン)
vs
×カーロス・キハラ(Impacto Japan BJJ)
引き込んだ山田がバトレをスイープしP2-0で勝利。



03
アダルト紫帯は爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵝Ε織鵐痢Impacto Japan BJJ)が2階級制覇。
だが試合時間内に決着付かず延長戦に突入した試合も。



04
アダルト青帯アブソ決勝はINFIGHT JAPANでクローズアウト。
フェザー優勝のケヴィン・キムラとヘビー優勝のユージ・タニグチが共に決勝進出した。
大会後、ユージは紫帯に昇格。



05
アダルト白ライトフェザーとジュベニウ白ライトのアダルト&ジュベニウの
2つのケテゴリーで優勝したマテウス・オンダ(東海BJJ)。
極めが強いマテウスは将来有望!



06
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
○黒部三奈(マスタージャパン)
vs
×ヴァネッサ・ツジ(ノヴァウニオン)
階級別初戦敗退の黒部がアブソで奮起し優勝を破顔一笑。



07
女子アダルト青帯ライト決勝戦
○ジュリアナ・ササキ(チェックマット)
vs
×ヴァネッサ・ツジ(ノヴァウニオン)
3人エントリーで優勝したのは若干17歳の新鋭・ジュリアナ。
初戦敗退も敗者復活で逆転の優勝劇。



09
女子アダルト白帯オープンクラス決勝戦
×ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
○キャロリーナ・ミホ(Infight Japan)
過去2連敗していたルアナに3戦目にして初勝利したキャロリーナ。
2:34、腕十字を極めての一本勝ちで階級別のリベンジと共に
オープンクラスで優勝を果たした。




©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔