English Portugues Japanese

2015年01月06日

【レポ】12/27:ビア・メスキータ・セミナー

beaseminartokyo2014_2 (1)
昨年の年末、12/27(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで2014年の女子ムンジアル王者、ビア・メスキータのセミナーが開催されました。

ビアは2014年のムンジアルでミドル&アブソルートで優勝し自身初の黒帯2冠を達成し、現在の柔術シーンの女子トップに君臨している選手。

今回、かねてより交際中のマルキーニョスのMMAの試合に合わせて初来日が実現し、このセミナーも企画されました。

セミナーもビア単独ではなくスペシャルゲストとしてマルキーニョス&サトシも帯同し、ムンジアル王者のビア&ワールドプロ王者のマルキーニョス&サトシという全員が世界王者という超豪華セミナーとなりました。

が、急にセミナー開催が決まったことに加えて宣伝不足、そして年の瀬が迫った繁忙期での開催のせいで参加者が少なかったのは残念でした。

とはいえ参加者が少なかっただけに受講者は世界王者たちにほぼマンツーマンでテクニックを教えてもらえるという幸運に恵まれました。


01
グレイシーウマイタ育ちのビア直伝のチャンピオンテクニック。
クラシカルなスタイルながらコンペティションにも対応したものにアップデートされた
テクニックの数々をレクチャー。



02
講師役の3人全員が世界王者という超豪華セミナー。
みんなが技の反復練習をしてるときもその動きのチェックに目が光ります。



03
ビアのテクニックはトライポッドスイープやオモプラッタなどがレクチャーされましたが、
一見よくあるテクニックに思われながらもしっかりと王者ならではの
味付けがあったのが収穫でした。



04
そして最初に仕掛けたの技がスカされた後の“プランB”が
用意されてたのはコンペティションを意識してのもの。
その技の繋ぎはビアの実際の試合で見られるものだけに説得力充分です。



05
REALの試合で拳を怪我したマルキーニョスはビアのサポートに徹して
セミナーの補助役に活躍。



06
サトシは技の受け手&通訳を務めて忙しそう。
オモプラッタのレクチャーでは足の裏を丸めて掌のようにして使う、という
細かすぎる裏ワザも披露。
こんな細かいディティール、知らなかった!



07
マルキーニョスのオモプラッタを極める際のディテール。
相手にオモプラッタを仕掛けて極めを狙う際は…



08
帯を引いて腰を殺して動けないようにしてから極める。
この腰の殺し方のバリエーションが豊富でドーギバージョン、ノーギバージョン、
さらに腰の向きによって変える多数の方法を披露。



09
最後にセミナー終了証を一人一人に手渡し2時間のセミナーは終了。
今回のセミナーはかなりお得だったのではないでしょうか?!



10
参加者が少なかったビアのセミナー。
次回はムンジアル以降の夏あたりに開催予定です。




【今日が誕生日の柔術家】ウィルソン・ヘイス(30)、ファビオ・アキオ(34)



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔