English Portugues Japanese

2015年01月31日

【レポ】ヨーロピアン2015:女子アダルト黒帯決勝戦

女子のアダルト黒帯決勝戦もニコリニやマッケンジー、ジャンニなどワールドクラスの女子柔術家が決勝戦に勝ち残った。

そして特筆すべきはガヴィ・ガルシアの4年ぶりのヨーロピアン参戦だ。

アメリカではあまりの強さからか、ややヒール的な存在のガヴィもこのヨーロピアンでは大人気。

会場内ではあちこちで記念撮影攻めに遭っており、またそれをにこやかに対応するなどしてアメリカでは味わえないマット外での人気ぶりを本人も楽しんでいるようだった。

もちろんマット内での存在感は抜群で階級&無差別の全試合を一本勝ちで優勝する圧勝ぶり。

ガヴィはMMA転向を目論んでいるようだが思うようにデビューが決まらず当面は柔術に出続けざるを得ない状況の様子。

パン、ムンジアルにも参戦する意向のようなので誰がガヴィをストップするか?!に注目したい。


01
ライト決勝戦
○アンジェリカ・ガウヴァオン(ATOS)
vs
×アンナ・ルイーズ(CFS BJJ)
イギリスのプロ柔術・ポラリスでの黒帯デビュー戦は黒星発進だった
アンジェリカだが初トーナメントの今大会ではP2-0で勝利。
準決勝ではホジャーの黒帯、ジャスミン・ウィルソンにも大差で勝利している。





02
ミドル決勝戦
○ジャンニ・ラーソン(チェックマット)
vs
×アマンダ・ローエン(SBGI)
昨年もっとも活躍した女子選手の一人であるジャンニ。
ワールドプロ&ムンジアルを連覇した実力はホンモノで今大会ではアブソこそ入賞ならずも
階級ではP4-0で危なげなく勝利して優勝。


IMG_1903
ミディアムヘビー決勝戦
○イダ・ハンソン(チェックマット)
vs
×アンドレア・エンディ(ブラジリアンパワーチーム)
アブダビ在住のアンドレアをP0-0、A2-1で辛くも退けたイダ。
連日のレフェリー業務でやや疲れたか動きはいまひとつだった。



05
フェザー決勝戦
○ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
vs
×マッケンジー・ダーン(グレイシーウマイタ)
現在の女子柔術家のベストの一人、ニコリニが成長著しいマッケンジーから
試合時間ラスト10秒でパスガードを決めP9-8で逆転勝利。
マッケンジーはこれでvsニコリニ3連敗に。



04
スーパーヘビー決勝戦
○ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)
vs
×ベヌラ・ルッコネン(ヒルティBJJ)
不出場だった昨年のムンジアルで王者となったベヌラから得意のハンマーチョークで
3:17 ガヴィが一本勝ちで優勝。



03
アブソルート決勝戦
ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)
vs
マッケンジー・ダーン(グレイシーウマイタ)
昨年のワールドノーギで対戦している顔合わせのリマッチ。
体格差がある対戦はまさにアブソならでは。
ガヴィの抑え込みから一瞬のスキをつきマッケンジーがバックに回り込むなど
前回の敗戦から学んだ戦略を駆使して戦う。



06
だがやはりガヴィの得意パターン、抑え込みからのハンマーチョークであえなくタップ。
5:56 ガヴィが一本勝ちでアブソ優勝。



08
今年は柔術に本格復帰するガヴィ。
黒帯昇格後負けなしで今大会の圧勝ぶりを見ると
連勝記録はまだまだ伸びそうだ。



【今日が誕生日の柔術家】福本吉記(51)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔