English Portugues Japanese

2015年04月01日

【ニュース】最近のニュースをまとめて紹介

最近の柔術関連のニュースをまとめて紹介します!


01
『一騎討』第2回大会が開催決定!
クラウドファンディングで資金調達募集をしていた須藤元気主催の
アマ柔術大会「一騎討」の資金が確保でき開催が決定しました。
会さ日時は5/17(日)、会場は前回大会と同じ善光寺です。
なおクラウドファンディングは引き続き行われており、まだ支援は可能です。
■詳細はコチラから!





02
マリアナスオープンでキーナンが優勝、賞金1万ドルを獲得!
3/28にグアムで開催されたマリアナスオープンのアダルト黒帯アブソルートには
1万ドルが賭けられた賞金トーナメントでした。
この大会にはキーナン・コーネリアス、ルーカス・レイチ、マイク・ファウラー、
マルコス・ソウザら強豪柔術家が多数参戦。
決勝戦はキーナンvsマイクの両者で争われ、キーナンが送り襟絞めで一本勝ちし
優勝賞金を獲得しました。
■試合動画はコチラから!



04
優勝はキーナン、準優勝はマイク・ファウラー。
3位にルーカス・レイチ、ルイス・ブランコ。
なおマルキーニョスは1回戦でキーナンに敗れ初戦敗退でした。
■大会詳細はコチラから!



05
シュートボクシングにクレベル・コイケが初参戦!
4/18(土)に後楽園ホールで開催されるシュートボクシングの大会に
クレベル・コイケが参戦することが発表されました。
クレベルはかねてよりシュートボクシングジムのAresにて打撃の練習を積んでおり、
その縁で今回の参戦となったようです。



06
クレベルはエキスパートクラス特別ルールで67.0垠戚鵑暴仂譟
対戦相手は初代MuayThaiOpenウェルター級王者で
元J-NETWORKスーパーライト級王者の
喜入衆(フォルティス渋谷)です。
柔術家のクレベルの初シュートボクシングマッチ、どうなるか楽しみです。



07
HEAT.35にてジョン・バチスタ・ヨシムラがMMAマッチで勝利!
3/22(日)、愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催された
HEAT 35に黒帯柔術家、ジョン・バチスタ・ヨシムラが出場。
KB(慧舟会せいご道場)を1R 41秒、マウントパンチでKO勝利しました。



09
最近は柔術よりもMMAによく出場しているバチスタ。
また柔術の試合も見てみたいと思います。



10
ヒカルド・デラヒーバとアンデウソン・シウバが合同セミナー開催!
元UFC王者のアンデウソン・シウバと生粋の柔術家である
デラヒーバのレアなコラボが実現し合同セミナーをブラジル・ラゴアで開催しました。



11
異色な組み合わせに思えますがデラヒーバはMMAジムのブラックハウスでも
指導していた実績があり、その関係で今回の合同セミナーが実現した様子。
名目上はアンデウソン・シウバのセミナーにスペシャルゲストとして
デラヒーバが参加という形です。



12
セミナーでデラヒーバはノーギのテクニックをレクチャー。
デラヒーバのニーギ姿は珍しいですがデラヒーバは過去にADCC予選に
出場したこともあります。



13
アンデウソン・シウバは主にスタンディングテクニックと
MMAテクニックを指導した様子。
自ら打撃の受け手を買って出るなどかなりの張り切りようだった様子です。



14
VHTSの新作「Be Water Navy」、近日発売!
NY発のキモノブランド、VHTSの人気商品であるBe Waterの新カラー、
ネイビーが日本に到着!
近日発売予定となっています。



15
このギはデザインこそ既発の白とほぼ同じですが、
生地や刺繍の細かい部分がリニューアル。
人気だった白モデルのデザインをさらに洗練したものとなっており、
今作も売り切れ必至となるでしょう。



16
裏地も凝ってて肩部分の補強やスソ部分のラインテープなども改良されてます。
白モデルに比べるとやや豪華になった印象があります。
発売予定価格は21000円(税抜)です。
このモデルは全世界150着のみの限定生産ですでに本国でもほぼ完売という人気商品。
日本にもごく少数の入荷なのでご購入はお早めに!



17
ASJJFジャパンオープンのメダルが完成!
6/14(日)に台東リバーサイドスポーツセンターで開催される
ASJJFジャパンオープンのメダルが早くも完成し日本到着間近となってます。
今大会は今回で2度目の開催となり、ノーアドバンテージ&サドンデスという
独自ルールを採用してるのが特徴。
2年目のASJJFは昨年より大会数も増え、さらに海外大会も開催予定と精力的に活動中です。



askk
大会詳細はコチラから!



18
IBJJFランキングポイントが変更
IBJJFのランキングポイントの集計方法が変更となりました。
これまで年度末締めだったポイントがムンジアル後の締めとなり、
ムンジアル後に開催される大会が翌年度扱いとなりました。
これにより、ムンジアル後に行われる大会で得られるポイントが翌年の
ムンジアルまでは当年度扱いとなるため、アジアオープンなどの
扱いがより大きくなりそうです。
このポイントシステムの詳細はトライフォースのブログで
わかりやすく説明されてるので、ぜひご一読を。
コチラから!




IBJJF
IBJJFがルールを改定!
IBJJFが一部ルールを改定しました。大きな改定点は3つあり、まずは50/50について。
50/50の状態からスイープ、上になっても50/50のままの場合はアドバンテージが入りません。
※原文
No advantages will be awarded for sweeps that start and end in a 50/50 guard situation.




o
2つめは頭部から落とすスープレックスの禁止、そして白帯の跳び付きクロースド禁止です。
その他にも試合における着衣規定やビデオレプレイの導入など
細かい変更点があるようなのでルール詳細はアップデート部分を
まとめたルールブック抜粋版を参照してください。
なおこのルールは3/30から施行され、新ルールを反映した
ルールセミナーは4/10のNYオープンで開講されるようです。
コチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔