English Portugues Japanese

2015年06月16日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2015』黒帯の試合

6/14(日)、台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJF主催の『ジャパンオープン2015』。

2回目となる今大会はキッズも合わせると200名以上のエントリーがあり、マットも3面に拡大して行われた。

アドバンテージ&レフェリー判定なし、サドンデスというASJJFルールについても目立ったトラブルは見られず、ASJJFの大会スタイルが浸透してきている表れといえるかもしれない。

黒帯はアダルトの試合こそ組まれなかったものの、昨年の階級別&アブソ王者ヨースキが2年連続2冠を成し遂げるなど、見応えのある試合も多かった。

まずは黒帯の試合からレポートする。

今大会ではアダルトの試合がなくマスターとシニアのみが行われた。


01
マスター黒帯ライト級決勝
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×フェデリコ・ヘイス(Over Limit BJJ)
ワンマッチ決勝。連続パスなどでポイントを重ねるヨースキ相手に、フェデリコも
一度はスイープを成功させるが、P12-2でヨースキの圧勝。





02
マスター黒帯アブソルート決勝
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)
階級別で試合が組まれなかったファビオ・スガワラとヨースキのワンマッチ決勝。



03
スイープ&パスなどで攻め続けたヨースキがP9-0、残り18秒で腕十字を極め、
階級別&アブソの2冠連覇を達成。



04
シニア1黒帯ライトフェザー級1回戦
○カーロス・キハラ(Impacto Japan BJJ)
vs
×フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
ライトフェザーは3人巴戦に。カーロス対フラビオはP2-2で決着がつかずサドンデスに突入。
引き込んだカーロスがスイープに成功したところで決着。



05
シニア1黒帯ライトフェザー級1回戦
○山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
vs
×フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
スイープ&パス等でリードした山田がP7-0で勝利。



06
シニア1黒帯ライトフェザー級決勝
○山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
vs
×カーロス・キハラ(Impacto Japan BJJ)
P2-2で延長戦となり、下になった山田がアームロックを極めて勝利。
大会2連覇を果たした。



07
シニア1黒帯ライト級決勝
○アサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)
vs
エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)
アサダが連続パスなどの猛攻でP14-0の圧勝。



08
シニア黒帯アブソルート1回戦
○アサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)
vs
×ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
4人がエントリーしたシニアのアブソ。ダニエル対アサダの1回戦は
試合開始約2分、アサダを押さえ込もうとしたダニエルがあばらを痛めて負傷棄権。



09
シニア黒帯アブソルート1回戦
×カーロス・キハラ(Impacto Japan BJJ)
vs
○エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)
エメルソンが開始21秒、腕十字を極めて一本勝ち。



10
シニア黒帯アブソルート決勝
○アサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)
vs
×エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)
階級別と同じ顔合わせになった決勝はアサダがP20-0で圧勝。
極め重視のエメルソンは試合スタイルが裏目に出たか。



11
シニア2黒帯ライト級決勝
○エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
×佐野英司(京都何気)
昨年のジャパンオープン、アジアオープンでも対戦している両者。
過去2大会ともポイント勝ちだったエジソンが3:31、ヒザ十字を極めて一本勝ち。



12
エジソンは大会主催者自ら試合をしジャパンオープン2連覇を達成。
8月に愛知で開催するASJJFアジアオープン出場にも意欲的だ。



Photo and text by Satoshi Narita / Jiu Jitsu NERD



【今日が誕生日の柔術家】ラナ・ステファナック(40)



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔