English Portugues Japanese

2015年06月19日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2015』その他の試合

爛撻競ン瓩海肇┘螢ソン・タケウチやケビン・キムラなど、若手の実力者が活躍した紫帯・青帯。

特に青帯のケビンはフェザーながらアブソルートでも勝ち上がり、決勝戦では3階級上の相手に勝利を収めるなど、安定感も一層増しているようだ。

女子は白帯・青帯で計3試合が組まれ、白帯でレベッカ・ロボが、青帯ではルアナ・ディアスが盤石の試合ぶりで会場を沸かせている。

男子青帯で2階級制覇のケビン、女子のレベッカ&ルアナはまだティーンエイジャーで積極的に試合に出場中で試合ぶりはオトナ顔負け。

今後の成長も楽しみな逸材たちの活躍が目立ったASJJFジャパンオープンだった。



01
アダルト紫帯ミディアムヘビー級決勝
×ガーネット・リチャード(MAX柔術アカデミー)
vs
○エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
ワンマッチ決勝はバックを取ったペザオンが2:22、腕十字を極めて勝利。





02
アダルト紫帯アブソルート決勝
×ガーネット・リチャード(MAX柔術アカデミー)
vs
○エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
階級別と同じ顔合わせになったアブソでもペザオンが5:36、一本勝ちで2冠達成。



03
アダルト青帯アブソルート3位決定戦
×ジュニオール・タナカ(Over Limit BJJ)
vs
○アラン・シオザキ(Over Limit BJJ)
青帯アブソの3位決定戦はOver Limit BJJの同門対決。
ガチンコで攻めたアランが締めで完勝。



04
アダルト青帯アブソルート決勝
×ヴィニシウス・ブルート(ノヴァウニオン)
vs
○ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)
ライト級優勝のケヴィンは、3階級上のブルート相手に延長戦まで戦い、
スイープに成功して見事2冠達成。



05
女子アダルト青帯フェザー級決勝
×ヴァレリア・マツナガ(Over Limit BJJ)
vs
○ルアナ・ディアス(東海BJJ)
昨年は白帯階級別で優勝しているルアナ。
スイープ&バックテイクなどで優勢に試合を進め、2:44にボーアンドアローで一本勝ち。



06
女子アダルト白帯フェザー級決勝
○レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
×ミリアン・カタヤマ(片山柔術)
引き込んだレベッカが2:08、三角を極めて一本勝ち。



07
女子アダルト白帯ライト級決勝
○Maria Shamina(一心柔術)
vs
×Leata Cheng(シーホークブラジリアン柔術クラブ)
女子唯一のサドンデスとなった一戦。ロシア出身のマリアが引き込み、
上を取ったところで決着。



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔