English Portugues Japanese

2015年07月09日

【レポ】COPA BULLTERRIER 2015:マスター黒帯階級別&アブソルート

今大会のトピックの1つだったのが爛泪襯ーニョス瓩海肇泪襯灰后Ε愁Ε供淵椒鵐汽ぁ砲自身初となるマスターカテゴリーでデビュー戦。

アダルトでも国内最強クラスのマルキーニョスがマスターでエントリーというのは反則とも思えるが、これは黒帯のアブソルートをボンサイ勢で制圧しようという目論見がったようだ。

マルキーニョスは当然のように盤石の強さを見せ、階級別&アブソを制覇。

また、ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)がアブソルートでファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)に敗れるという番狂わせがあったのは驚きだった。

そしてマスター2にエントリーしたボンサイ所属の関根“シュレック”秀樹は、階級別で対戦相手のジャイルトン・クーニャ(小川柔術)が戦意欠如と見なされ失格となり、階級別のワンマッチ決勝戦を難なく優勝。

続くアブソルートのでは決勝戦では試合巧者のアサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)と熱戦を繰り広げ、レフェリー判定で下している。


01fb
マスター1黒帯ヘビー級決勝
○マルコス・ソウザ(ボンサイ)
vs
×ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
テイクダウン、バックテイクなどでポイントを重ねたマルキーニョス。
ニーオンで止めを刺してP10-0で勝利。





02fb
マスター1黒帯アブソルート準決勝
×ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
○ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)
先日のASJJFでヨースキに一本負けを喫していたファビオが奮起。
P6-0でvsヨースキ戦で初勝利を挙げた。



03fb
マスター1黒帯アブソルート決勝
×ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)
vs
○マルコス・ソウザ(ボンサイ)
アンクルを攻めるファビオをあっさりとパスしたマルキーニョスが2:10、キムラで一本勝ち。
階級別&アブソの二冠を制覇。



05
マスター1黒帯アブソルート表彰台
優 勝 マルコス・ソウザ(ボンサイ)
準優勝 ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)
3 位 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)工藤修久(鈴木道場柔術クラブ)



04fb
マスター2黒帯アブソルート決勝
○関根秀樹(ボンサイ)
vs
×アサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)
それぞれスイープでポイントを取り、レフェリー判定の結果、関根が勝利し2冠を達成。
アサダは6階級上のシュレック相手に善戦したといえる。



05fb
マスター3黒帯ライトフェザー級決勝
○フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
vs
×田口 滋(ノヴァウニオンジャパン)
ワンマッチ決勝は、P2-0でフラビオが勝利。



06fb
マスター3黒帯アブソルート決勝
○サントス・エヴァルド(ダムファイトジャパン)
vs
×ファビオ・マツスエ(INFIGHT JAPAN)
アブソのワンマッチ決勝は階級別と同じ顔合わせ。P2-2、A2-0でサントスが勝利。



07fb
マスター1黒帯フェザー級決勝
○工藤修久(鈴木道場柔術クラブ)
vs
×セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
P5-0で工藤が勝利。



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔