English Portugues Japanese

2015年07月10日

【レポ】COPA BULLTERRIER 2015:アダルト茶帯

茶帯でダントツで会場の注目を集めたのは招聘選手のニック・ボーリ(AOJ)ではなく爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵝Ε織鵐痢INFIGHT JAPAN)の爛僖鵐董璽薛瓮凜.鵐瀬譽ぁΕ織サキや爛撻競ン瓮┘螢ソン・タケウチら、古巣Impacto Japan BJJ勢との初対決だった。

特にシュシャが今年3月にINFIGHT JAPANに移籍するまでは、シュシャとパンテーラは国内屈指の茶帯としてImpacto Japanを牽引してきた盟友。

アブソルートのトーナメントでは、準決勝の時点でシュシャ以外の選手がすべてImpacto勢という爛轡絅轡稱餔鰐岫瓩築かれ、シュシャvsパンテーラ、そしてシュシャvsペザオンの元チームメイトとの初対決が実現した。

そのアブソ決勝で行われたシュシャvsペザオンの試合は激戦となり、INFIGHT JAPANとImpacto Japan BJJの両陣営が見守る凄まじい緊張感の中で行われ、ポイントで負けているシュシャが極め狙いでペザオンの足首をロックしバキバキと音を鳴らすもペザオンは耐えきって判定勝利。

茶帯初トーナメントで国内トップのシュシャに勝利して優勝という鮮烈な茶帯デビューを飾ったペザオンは茶帯初戦ながら一気に茶帯の強豪の仲間入りを果たしたといっていいだろう。

また招聘選手のニック・ボーリはフェザー決勝でパンテーラに敗れ準優勝に終わっている。


01fb
アダルト茶帯ライト級決勝
○ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
×後藤拓磨(草柔会仙台)
仙台から参戦した後藤は、シュシャにスイープを取られてP0-2で敗北。
シュシャが危なげなく階級別を優勝した。





02fb
アダルト茶帯アブソルート1回戦
○ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
×フェリッペ・アラオン(Impacto Japan BJJ)
初戦から古巣Impacto Japan BJJの選手との対戦となったシュシャ。
レアな肩固めを繰り出して一本勝ちで勝ち上がり。



03fb
アダルト茶帯アブソルート準決勝
○ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
×ヴァンダレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
パンテーラとの初対決はP2-2、A1-0でシュシャが勝利。
決勝戦は反対ブロックから勝ち上がってきたペザオンとの頂上決戦が決まった。



04fb
アダルト茶帯アブソルート決勝
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
両陣営がマットを取り囲み、緊張感のある中で始まった決勝。



05fb
ペザオンがシュシャをニアパス。
なかなか完パスを奪えない状況で、Impacto勢からはポイントが入らないことに怒号が飛ぶ。



06fb
パスが認められたあと、再度パスに成功したペザオンだが、
スキを突かれてシュシャにアンクルを取られる。
これがガッチリ極まり、「ポキッ」という音も聞こえたがタップしないペザオン。



07fb
これでシュシャが戦意喪失してしまったか、見合ったまま両者動かず……。



08fb
最終的には、気力なく立ち上がったシュシャに2ポイントが入ったところでタイムアップ。
P6-2でペザオンが勝利した。



09fb
セコンド陣はエキサイトする場面がありながらも選手同士はノーサイド。
試合後は互いに感傷的な表情を見せ健闘を称え合った。
■試合映像はコチラから!



13
アブソルート表彰台
優 勝 エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
3 位 ヴァンダレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)ニルトン・ケイロス(Impacto Japan BJJ)



10fb
アダルト茶帯フェザー級決勝
○ヴァンダレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
×ニック・ボーリ(AOJ)
シンガポールのエキリヴィウムMMAから一時帰国中のパンテーラは、ハファの愛弟子で
6月に茶帯に昇格したニック・ボーリと対戦。
ニックは1回戦でPhilpe Alao(Impacto)にレフェリー判定で勝利と、ヒヤリとした立ち上がりだったが、
2回戦は野口学(南河内柔術クラブ)を三角で退け決勝進出している。



11fb
試合はスイープ、パスを決めたパンテーラがP5-0で勝利。
茶帯でキャリアを重ねているパンテーラが一枚上手だったといえる。



12fb
アダルト茶帯ルースター級決勝
○中尾亮(X-TREME柔術アカデミー)
vs
×宮尾司(ダムファイトジャパン)
ルースター級はワンマッチ決勝。中尾がP4-2で勝利。



13fb
アダルト茶帯ライトフェザー級決勝
○浜野武士(ポゴナ・クラブジム)
vs
×ニルトン・ケイロス(Impacto Japan BJ)
浜野がP2-2、A1-0でワンマッチ決勝を制した。



18
アダルト茶帯ミドル級決勝
○櫻井健(ねわざワールド)
vs
×岡澤 弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム)
櫻井、岡澤、ルアン・アロウカ(小川柔術)の3人トーナメントは、櫻井が岡澤を
レフェリー判定で破って優勝。



All pics and text by Satoshi Narita / Jiu Jitsu NERD



【今日が誕生日の柔術家】キャロライン・グレイシー(31)、エメルソン・アズマ(43)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔