English Portugues Japanese

2016年10月16日

【見どころ紹介】10/16横浜「グラップラーズリーグ」

1
10/16(日)、神奈川県横浜市の吉野町市民プラザで開催される「グラップラーズリーグ」。

今回が初開催となる新たなイベントで65kg級の8人トーナメントとワンマッチ2試合がラインナップされている。

8人トーナメントの優勝者には賞金10万円が贈呈され、さらに一本勝ちにも別途ボーナスがあるという。



エントリーしている8選手もバラエティに富んでおり、柔術家からMMAファイターまで多彩な顔ぶれが揃った。

ADCC日本代表の平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)、ベテランの松本義彦(CARPE DIEM)に鶴巻陽司(AXIS)、いま売り出し中の佐野貴文(AXIS横浜)に加え、唯一の日系ブラジリアン、アラン・ヤマヒナ(ボンサイ柔術)はパンクラスに出場中のヒロ・ヤマニハのこと。

そしてMMA勢では上田貴央(パラエストラTB)、渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘)、河村泰博(和術慧舟會 AKZA)が参戦する。



02
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)



2
松本義彦(CARPE DIEM)



07
鶴巻陽司(AXIS)



5
佐野貴文(AXIS横浜)



04
渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘



3
アラン・ヤマヒナ(ボンサイ柔術)



気になるトーナメント組み合わせは当日抽選で決定するのも楽しみだが、個人的にはやはり通常の柔術トーナメントでは実現不可能な柔術家vsMMAファイターの対戦が見てみたいところだ。

ルールも特殊で3分5Rのラウンド制を導入し、ポイントシステムも独自のものを構築しており、これまでの大会とは一線を画する。

ベースコントロール=1ポイント、サイドコントロール=2ポイント、マウントコントロール=3ポイント、バックコントロール=4ポイントとポイント&ポジション呼称からも他大会との差異が伺える。

今大会ならではの点はクローズドガードを取られた状態から相手を持ち上げた場合に“ベースコントロール”として持ち上げた相手に1ポイントが加算される点だ。

これは「相手をスラムで叩き付けることができる有利な体勢」として、この動きに対して1ポイントが加算されるから、このポジションになった際の両者の動きにも注目して欲しい。


gl
【大会】
『グラップラーズリーグ第1回65KGトーナメント』
日時:10/16(日) 開場 17:30
会場:横浜市吉野町市民プラザ
観戦費:2000円

■大会サイトはコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔