English Portugues Japanese

2017年03月21日

【結果】パン選手権2017:最終日の主な結果

01
3/16-19までオレンジカウンティのアーヴァインで開催されているIBJJF主催「パン選手権2017」の大会最終日の主な結果です。

大会最終日はアダルト黒帯が行われ、日本から2選手が試合に出場しました。

その結果と大会3日目の後半に行われた試合を合わせて紹介します。


02
アダルト黒帯ライトフェザー
嶋田裕太(ネクサセンス)
1回戦 2-2/0-0/ペナルティ0-1



03
2回戦 0-6
1回戦は相手のペナルティで辛くも勝利し2回戦進出もジョアオ・ミヤオにスイープで畳みかけられ6ポイントを奪われそのまま敗れた。試合後に「つけ入るスキはある。でも10回戦って勝てるのは1回ぐらいかも」と弱気なコメント。



04
アダルト黒帯ライトフェザー
山田秀之(トライフォース)
1回戦 8:31 絞め
いきなりチアゴ・バホスという強豪との対戦となった山田はスイープでアドバン獲得も8分過ぎにポジションを許すとそこから一気に絞めまで極められ初戦敗退。



05
マスター3黒帯ミディアムヘビー
ヴァルテル・フランコ(Over Limit BJJ)
1回戦 0-0/0-2
ヨーロピアンに続きまたもエドゥアルド・テレスとの対戦になったが、いつも通りに引き込んでハーフガードに捕えるもパスのアドバン2つを与えてリベンジならず。



06
マスター3黒帯ライトフェザー
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
1回戦 2-0
2回戦 0-0/0-1
約2年ぶりの試合という物河は初戦を勝利し2回戦はコロラド在住の日本人、ヤガイ・ノブオと対戦し動きの少ない試合ながらアドバン1差で惜しい敗退。



09
ジュブナイル2青帯オープンクラス・ヘビー
イゴール・タナベ(Over Limit BJJ)
決勝戦 3:32 絞めで一本負け
オープンクラスでも決勝戦まで勝ち上がったイゴールだが、相手は過去5連敗中のホベルト・ジメネス。途中までは好勝負を展開したが後半に崩れて最後は絞めで一本負け。イゴールは「試合が続いてスタミナが切れてしまった。次やればイケルかも」と初勝利に意欲。



10
準優勝



07
ジュブナイル2青帯オープンクラス・ヘビー
アンディ・トーマス(ブラザCTA)
準決勝 0-6
昨年のムンジアルの再戦となったホベルト・ジメネスとのリマッチはロバートにリベンジを許してしまいポイントで敗れた。表彰台では悔しさを露わにしてオフィシャルの撮影が終わると早々に立ち去った。



08
3位入賞



11
ジュブナイル2青帯オープンクラス・ライト
ルアナ・ディアス(Over Limit BJJ)
ライトフェザーに続きオープンクラス・ライトでも優勝したルアナ。ヨーロピアンに続き今大会でもWゴールド達成し、次はムンジアルでのWゴールドを狙っており、それが果たされたら史上初の偉業となるが果たして?!



12
Wゴールド



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔