English Portugues Japanese

2017年04月05日

【Review Wednesday】ハファエル・フレイタス「Favorite Moves: Back Control & Attacks」

ba2
やってきました、毎週水曜日に新作やオススメのDVDを紹介するレギュラーコーナー、「Review Wednesday」。

本ブログ2度目の登場の顔出しNGの覆面レビュアーです。

当番制のこの「Review Wednesday」、順番では今週はライター成田氏の番なんですが、ご多忙真っ只中なので代わりに僕が書かせていただく事になりました。

今回はハファエル・フレイタスの「Favorite Moves: Back Control & Attacks」を紹介させていただきます。

ハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓩魯哀譽ぅ掘璽丱奪呂旅帯柔術家で、この爛丱薀伸瓩箸魯櫂襯肇ル語でゴキブリという意味で素早い動きがネーミングの由来となっています。

柔術だけでなくMMAにも進出し、得意の爛丱薀肇廛薀伸瓩鯢雋錣烹契鑢鞠圓如△修里Δ腺祇錣鬟汽屮潺奪轡腑鵑念賈楙,舛靴討い泙后

最近では元UFC世界女子バンタム級チャンピオン、ホーリー・ホルム、そして過去には日本のジュエルスに定期参戦し現在はインビクタで活躍中のセリーナの柔術コーチもしています。

さて、この「フェイバリットムーブス」ですが、

・サイドマウント&マウントアタックス
・ダブルガード
・バックコントロール&アタックス


の3本でシリーズ化されています。

最近の練習で良い感じでバックが取れてもまだまだ弱輩な身はバックをキープし続けるのがやっとです。

そこで、少しでも何かレパートリーを増やしたいと考え思い浮かんだのが、柔術魂で掲載されていたハファエル・メンデスがキムラグリップからカンバリョッタみたいに前転してバックをとるあれでした。

しかし柔術魂の何作目に掲載されていたのか思い出せず結局見れず終まいに…

そこで今作に同技が収録されているのを思いだし見てみるとやはり収録されていました。

キムラグリップからの展開は他にも収録されていて、亀の相手に対してキムラグリップから三角と前転してバックの2パターン。

前転バックはやはり試してみたくなりました。

早速今度の練習でやってみよう。

早々に目的としていたテクニックが見れたので一通りDVDを見てみる事に。

タイトな亀の相手にどのようにフックを入れるか、フックを入れた後はどのように相手を上手くコントロールするか、相手がエスケープしてきた時のカウンター対応などが収録されています。

見終えた後に新たに気になったテクニックを1つ紹介します。

シートベルトグリップ、両足フックでバックキープしている→相手が両足のフックを外してくる→シートベルトグリップはそのままで自らの足を相手から遠ざけて相手と一直線になるようにする(うつ伏せで寝ている状態)→バック奪取。

と、説明してみたものの説明になっていないのでやはり実際に見ていただくのが1番かなと思います。

このDVDの好きな所はお手頃感で、値段も見るのもお手頃な感じがすごく良いです。

3〜4枚組の超大作だと手を伸ばす機会もめっきり減っていきます。

1枚60分ちょっとだと寝落ちする心配も減りますし、これだとサクッと見れるのは本当にありがたですね。

そして日本語訳もあるので英語が苦手な方にもオススメです。


ba2
【発売中】
ハファエル・フレイタス
「Favorite Moves: Back Control & Attacks」
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アレック・ボールディング、フェルナンド・サカイ(37)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔