English Portugues Japanese

2017年08月22日

【レポ】コパ・ブルテリア2017:紫帯

00fb
8/20(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2017」が開催された。

夏の恒例イベントであるコパ・ブルテリアは、一昨年まで東京・浅草、昨年は神奈川・横浜で開催してきたが、今回から会場を本拠地に近い愛知・名古屋に移し、愛知県立武道館で初開催となった。

参加者は700人超えで過去最大規模となった昨年こそ下回ったものの、キッズの参加者数は250人を超えておりキッズ部門は過去最大規模で開催されている。



懸念されていた海外からの招聘選手の来日も大会直前に実現し、盛況裡に終わったといえるだろう。

その招聘選手であるAOJのジョナタ・アウベスは、大会前日の深夜に日本に来日するという強行スケジュールだったことは既報のとおり。

だが長時間のフライトや時差ボケを感じさせることなく、階級別&無差別の全試合を極めきり、またアドバンテージひとつすら許さないワンサイドゲームで完勝しWゴールド獲得という衝撃的な日本デビューとなった。

毎回ブラジルブログでは黒帯の試合からレポートするのが恒例となっているが、今回は国内外で注目度の高かった紫帯のトーナメントからお伝えしたい。


01fb
アダルト紫帯ライトフェザー1回戦
○山本博斗(グレイシーバッハ)
vs
×チアゴ・ウエノ(Tree BJJ)
4人トーナメントとなったライトフェザー。山本とチアゴの1回戦は、ダブルガードからトップを取るなどでアドバンを重ねた山本がP0-0、A2-0で勝利。



02fb
アダルト紫帯ライトフェザー1回戦
○石黒翔也(ボンサイ)
vs
×ニウトン・マコト(小川柔術)
反対ブロックの石黒vsニウトンは秒殺決着。組み付き際に腕十字をセットアップした石黒が0:35、一本勝ちで決勝進出。



03fb
アダルト紫帯ライトフェザー決勝
○石黒翔也(ボンサイ)
vs
×山本博斗(グレイシーバッハ)
先日行われたJBJJF全日本選手権決勝と同じ顔合わせとなったライトフェザー決勝。試合は全日本同様接戦となり、互いにスイープでP2-2のままレフェリー判定に。結果、石黒が僅差をものにして階級別優勝。山本にとっては悔しい二連敗となった。



04fb
アダルト紫帯ライト1回戦
○ジョナタ・アウベス(ATOS)
vs
×ラファエル・ツチヤ(BASE JIU JITSU)
朝イチの計量では1kgオーバーで、会場外でランニングをしてから参戦したジョナタ。とはいえ、初戦が始まると常にトップをキープしたまま、自身のコンディションを確認するかのようにポジションを移行し続け、P32-0と大差をつけてから5:32、腕十字で一本勝ち。



05fb
アダルト紫帯ライト決勝
○ジョナタ・アウベス(ATOS)
vs
ジエゴ・エンリケ(小川柔術)
巴戦となったライト級トーナメントは、1回戦でラファエルを腕十字で破ったジエゴが決勝進出でジョナタと初顔合わせ。ジョナタは初戦と異なり開始早々バックを奪うと、そのままボーアンドアローを極めて2:39一本勝ちで階級別優勝。国内では強豪のジエゴもジョナタには完敗!
■試合動画はコチラから!




06fb
アダルト紫帯ヘビー決勝
○イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
×マルロン・バルボーザ(ボンサイ)
ヘビーはワンマッチ決勝。オープンクラスでのジョナタとの対戦に向けて負けられないイゴールだが、マルロンにパスを許してP3-0とリードされる。しかし、試合終盤にスイープ、マウントで6ポイントを奪取し、腕十字を仕掛けたところでタイムアップ。P6-3でイゴールがブラジルからの刺客・マルロンから勝利し階級別優勝を果たした。



07fb
アダルト紫帯オープンクラス1回戦
○ジョナタ・アウベス(ATOS)
vs
×祖父江誠(GSB)
13名がエントリーした無差別トーナメント。ジョナタとイゴールは順当に勝ち進めば決勝で対戦する組み合わせとなった。ジョナタは祖父江との初戦をP39-0で大量リードのまま4:42、腕十字を極めて2回戦進出。



08fb
アダルト紫帯オープンクラス2回戦
○イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
×原田将行(柔専館)
1回戦はシードだったイゴールは、無差別初戦を0:31、フットロックで瞬殺勝利し準決勝進出。



09fb
アダルト紫帯オープンクラス2回戦
○ジョナタ・アウベス(ATOS)
vs
×坂田康介(NEX)
ジョナタの2回戦は、P17-0と大量リードから5:01、サイドからのラペラチョークで一本勝利。準決勝は同ブロックを勝ち上がってきたボンサイのマルロン・バルボーザから勝利を譲られ、決勝進出を決める。



10fb
アダルト紫帯オープンクラス準決勝
○イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
×ツネカワ・タツヒコ(ボンサイ)
ウルトラヘビーで一人優勝だったツネカワ相手に、イゴールはバックマウントを奪うなど終始試合をリード。P12-0で勝利し、ジョナタとの対戦を決めた。



11fb
アダルト紫帯オープンクラス決勝
○ジョナタ・アウベス(ATOS)
vs
×イゴール・タナベ(RUL BJJ)
ムンジアル後に行われた招待制のトーナメント「ROYAL」に出場し、将来の活躍が期待される若手色帯二人の対戦が実現。どんな試合を繰り広げるかに注目が集まったが……。



12fb
開始早々、引き込んだジョナタにベリンボロでバックを奪われたイゴール。エスケープを試みて一度は場外にもつれるも、試合再開直後にジョナタからボーアンドアローを極められ2:02、無念のタップ。
■試合動画はコチラから!



13
ジョナタが階級別&無差別全試合を一本勝ちと、圧倒的な強さを見せつけてコパ・ブルテリアWゴールドを達成した。



■今大会のフォトギャラリーはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】エジ・ラモス(37)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔