English Portugues Japanese

2017年12月03日

【レポ】ラス・エストレージャス・デ・ジウジツ Part.3

est
「ラス・エストレージャス・デ・ジウジツ」、最後の試合レポートはノーギの試合を紹介する。

日本はノーギの競技人口は多くなく、ギとノーギの試合を同時開催するとその割合は10%以下になるのが普通だが、今大会では延べ人数で28人の選手が参戦。

この数は300人規模の大会に相当するが今大会のギの試合の総エントリー数は60人にも満たなかったのでその割合は半数近くとなっている。



今年は2年に1度のADCCイヤーでこの年末にはRIZIN主催のノーギ賞金トーナメントも開催されるので、そこでもノーギの暑い戦いが繰り広げられるのは間違いないだろう。

今大会では白&青帯対象のビギナー、青&紫帯のアドバンス、茶&黒帯のエリートの3つのカテゴリーで行われた。

JBJJFやASJJFの大会では柔術の帯色そのままでカテゴリー分けしているが、その場合試合が組まれないことが多々あるのは周知の通りだ。

そのために今回のようなカテゴリー分けになったのだが、それにより柔術では見られない帯色を超えた対戦が実現したのは興味深かった。

来年1月に開催される「コパ・ラスコンチャス」では同じLas Conchas主催大会だが、その大会はASJJFルールで開催されるために帯色ごとのトーナメントとなるが、それだけに今大会のカテゴリー分けはレアだったといえるだろう。


01
アダルトエリート70kg1回戦
佐野貴文(SUPREME BJJ)
vs
稲野岳(トライフォース五反田)
紫帯の佐野と黒帯の稲野の対戦が実現し、佐野がポイント13-0で完封勝利。極めには至らなかったが常に先手で攻めてポジショニングで圧倒した。



02
アダルトエリート70kg1回戦
世羅智茂(CARPE DIEM)
vs
稲野岳(トライフォース五反田)
3人トーナメントの巴戦のもう1つの1回戦は世羅vs稲野の黒帯同士の対戦。ノーギでも数多くの実績を残す世羅が2:20 腕十字を極めて一本勝ちで決勝戦へ。



03
アダルトエリート70kg決勝戦
世羅智茂(CARPE DIEM)
vs
佐野貴文(SUPREME BJJ)
注目の世羅vs佐野の決勝戦は世羅が実力差を見せて三角絞めで一本勝ち。試合時間も1:12と秒殺といっていい短い試合時間で2試合連続の一本勝利で優勝を決めた。



05
アダルトエリート80kg決勝戦
デヴィッド・ガルモ(CARPE DIEM)
vs
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
今大会の前日にノーギのギロチンセミナーを開催していたデヴィッドが階級を上げてエントリーしてきたシュシャとのワンマッチ決勝戦で対戦。
ノーギでは一日の長があるデヴィッドがシュシャからスイープ&パスで5-0で判定勝ち。



06
アダルトエリート+90kg決勝戦
リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
vs
長田雅仁(IGLOO BJJ)
かの螳鐡瓦運営する異色のジム、IGLOO BJJから参戦の長田はオーストラリアで黒帯を取得してきた逆輸入柔術家。
初戦を一本勝ちで勝ち上がるも決勝ではハイサムに2:52 RNCで一本負けを喫した。



07
アダルトエリートオープンクラス決勝戦は世羅とデヴィッドのCARPE DIEMでクローズアウト。
3位決定戦もハイサムが勝利し表彰台をCARPE DIEMで独占している。



08
アダルトエリートオープンクラス表彰台
優 勝 デヴィッド・ガルモ(CARPE DIEM)
準優勝 ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
3 位 世羅智茂(CARPE DIEM)



09
アダルトアドバンス85kg決勝戦
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)
vs
加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)
ケビンが大会直前に階級アップの申し入れをして85kg以下で行われたワンマッチ決勝戦。
試合はケビンが三角絞めで2:43 一本勝ちで優勝。



10
アダルトアドバンスオープンクラスはケビンが石井宏幸(高田馬場道場)と加賀谷の2人から勝利して階級別&無差別でWゴールド達成。
ケビンは急激な体重増でもしっかりと試合で結果を残すのは素晴らしい。



11
アダルトビギナーは階級別の巴戦&無差別のワンマッチ決勝戦の3試合でファビオ・ハラダ(INFIGHT JAPAN)vs内田新(ポゴナ・クラブジム)の3連戦に。
その3試合の全てをファビーニョが一本勝ちで極めきってWゴールド。



13
ファビーニョには大会協賛のRVCA JAPANからコンプレッションラッシュガードが贈呈された。
まだ十代のファビーニョ、今後も伸びしろは充分だ。



■今大会のフォトギャラリーはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ゲイ・コブハム、ジョナタス・ノヴァエス、シャンチ・アベーリャ



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔